複合性PTSDからの回復

  • 2019.01.17 Thursday
  • 06:35

昨日は大学の授業でした。

後期は残りあと1回だ〜!って感じです。

 

最初は「う〜自分にはできん〜!」って思っていた精神保健学の授業。

だんだんとやって見ると「あれ? 何も考えないで授業をやっている〜!」って感じに気がつく。

 

私はビビリな人なのだな〜ってつくづく思います。

だけど色々な機会を頂いて、背中を「バン!」って押されてやって見ると「あ〜できた〜」って感じに思います。

 

色々な所で「子供の初めてのお使い」のような事をやっている感じがします。

 

英語のレッスンではバンデアコーク先生の『The body keeps the score』を読み終えて、ジュディスハーマン先生の『Complex PTSD』を終えてしまった。

 

論文も読み進めているけれど、もうすこしジュディスハーマン先生の本を読みたいな〜って思って『Trauma and Recovery :The Aftermath of Violence-From Domestic Abuse to Political Terror』を注文しました。

 

以前日本語バージョンで読んだことがあります。

英語の師匠と一緒にこれから読み進めようと思います。

 

英語の師匠はこれからさらにトラウマ治療通になっていかれると思います。

私に影響を受け、近頃はトラウマ関係の映画を良く観られる様になったとおっしゃっていました。

 

ジュディスハーマン先生は医療の対象となるサバイバーの数は多く、様々な主訴を抱えているとおっしゃています。

虐待の経緯がない患者と比べると、虐待の経緯がある患者は苦痛のレベルが高いとしています。

そしてサバイバーは身体、認知側面、感情面、行動、人間関係等の多岐に渡って問題を抱えるとしています。

 

非常に納得だな〜って思います。

ご来室されるクライアントさんの状況を伺うと、これらの多岐にわたる領域で不安やコンプレックス、問題を抱えているからです。

それらがほぼ幼少期のトラウマの問題とリンクしている事が多い様に思います(遺伝の影響やその他の影響もありますが)。

 

例えばある方が怒りの問題、自己主張ができない。また依存症の問題も同時に抱えている。

そして常に頭痛や身体のあちこちが痛いなどの問題を抱えている。

そして鎮痛剤を服用していたり家族関係での不和がある。

 

例えばこれらの問題の背景には、幼少期の虐待の問題によって、常に不安緊張の高い状態にさらされたってことが影響している場合もあります。

 

虐待の問題によって常に緊張が高くなってしまい自分の感覚がわからない。

だから解離状態で生きることになってしまう。

 

自分の感覚が分からないから、他人の軸でしか生きられなくなってしまう。

”私”よりも「人が何を求めるか?」って事が気になってしまう。

「いい人」で生きることになってしまう。

 

また幼少期に安心感をもらえていない事で、身体症状に退行(頭痛、腰痛)してしまう。

その痛みを緩和するために鎮痛剤を常に服用してしまうサイクルにハマって依存症状態になってしまう。

その薬の影響で、感情の波が出て来て怒りの問題が派生する。

 

普段は他人軸で生きる「いい人」だけれど、家では真逆の「怒りの人」になってしまう。

その結果、パートナーとの安定した関係が構築できないまま、お互い傷つけあい時間だけがすぎてしまう。

 

こんな風に見て見ると、非常に幼少期からの複合性PTSDの影響って多岐に渡るなって実感します。

 

そこから解放されて行くと、自分を取り巻く環境や人が見えてくる様になります。

人の顔色ばかり見て、そのために人から「いい人」として使われていた関係が浮き彫りになってくる。

「ぎょ!こんな関係嫌だ〜!」っていう自分のリアルな感覚が蘇ってくる。

 

そしてトラウマの問題から解放されているから、腰痛や頭痛などの身体症状に退行しなくなってくる。

「あれ〜いつの間に鎮痛剤がいらなくなった〜」って感じ。

 

そうするといつもいつも怒っていた家族にイライラしなくなる〜。

するとあの怒りに満ち満ちていた家の中ではお互い支え合い、励まし合い、楽しい日常と時間が過ぎていく〜。

 

いつも色々な問題に振り回されて疲れ切っていたのが、段々と余裕と楽しさが見えてくる。

そうするとかつては余裕がなくて、行こうと思ってもいけなかった場所に行ってみようって思える。

 

「自分に似合うお洋服でも自分の為に買ってみようかな〜♪」って感じで、段々とその人らしく輝いてこられる。

そして容姿も変わって来られ、お顔つきが「シュ!」っとされる様になられる。

 

そうするといつの間にかに、「あ〜なんだか生きることが身軽になってきたな〜」って事にフト気がつかれる。

それまでアウェイの世界を生きていたのが「あれ〜何だか違うぞ〜!」って事が見えて来られる。

 

そして穏やかな凪の世界が広がって来る。

それはどんなにあがいても手に入らなかった世界〜♪

 

複合性PTSDからの回復って本当に素敵だな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

大学にて

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 16:07

  • 0
    • -
    • -
    • -

    朝カフェ

    • 2019.01.16 Wednesday
    • 09:14

    • 0
      • -
      • -
      • -

      プリムラジュリアン

      • 2019.01.16 Wednesday
      • 09:14

      • 0
        • -
        • -
        • -

        夢を形にして行く

        • 2019.01.16 Wednesday
        • 06:56

        私はアクセサリーが好きで、良くアメリカに旅行に行った時の記念に購入することがあります。

        何となく私の中では学会等でボストンやシカゴ、ワシントンDC等に行った事は「初めての子供のお使い」のごとく冒険のような感じがありました。

         

        英語の師匠にワシントンDCに行く前に「不安なんです・・・」ってお伝えしたら、「Sink or Swim!(沈むか泳ぐかだよ!)」って言われました。じゃあ「やるきゃない!」って感じで「周りの目なんて気にしていられないぞ〜!」って突っ走っている感じの私がいます。

         

        だけどそうやってアメリカ人の懐に飛び込むように走っていると、彼らの暖かさとか優しさを感じる。

        それらが私の心の肥やしになって行く。

         

        そして「泳ぎ切ったぞ〜自分!」っていう感覚も同時にあって、その思い出としてアクセサリーを身につけている感じがあります。

        「あ〜これはあの時のボストンの時の思い出のピアスだ〜!懐かしいな〜♪」って感じで、日本に帰ってきてもしみじみとしている感じがあります。

         

        昔、私が初めてボストン(2001)に行ったときのアクセサリーがあります。

        それは実は身に着けるのが阻まれていました。

         

        なぜなら当時の私は物凄く今より、物凄く情熱に溢れていたから。

        そんな時のアクセサリーをつけていると、当時の私から「あなたちょっと嘘ついていない?」ってツッコミを入れられる感じがします。だから「う〜つけられない〜」って感じに仕舞っておく。

         

        だけれども近頃、昔の私が当時NPOでボランティアカウンセラーをして頑張っていた時の私の感覚を感じることがあります。

        あの当時の感覚が蘇ってきて「この感覚いいな〜♪」って思いながら英語の勉強に集中していたりします。

        そして臨床家として、トラウマ治療のフィールドに飛び込んで行くことの喜びを感じています。

         

        あの頃は、臨床の「臨」の字もわからなかった。

        ただただ情熱だけがあった私でした。

         

        そして力が欲しくて、その世界に飛び込んで今があります。

        そんな頃の私が近頃顔を出しているな〜って思います。

         

        ちょっと野生児のようなそんな私の感覚であります。

        それは私にとって結構心地よい忘れかけていた感覚だな〜って思うのでした。

         

        回復されていかれるにつれて、皆様ご自分の自由な姿を描かれるようになられます。

        それはセラピストである私も「ほ〜素敵ですね〜♪」って感じに思います。

         

        回復の過程で「これからどんなお花を咲かせるのかな?」ってワクワクしながら拝見しています。

        そうすると「いや〜!何だか楽しそうな世界ですね〜♪」の世界を段々と構築されていかれます。

         

        私の中で「夢は描いたもん勝ちだな〜」って常々思うところがあります。

        「私は将来こんな風になりたい〜!」っていう夢を描いてみる。

         

        「それは何年後?」

        「何歳の自分?」

         

        「その時の自分は誰とどんな風な関係を構築している?」

        じゃあ「途中経過の何年後はどんな感じ?」

         

        「スモールステップでじゃあ今何ができる?」

        「どんな事をしていきたい?」

         

        「じゃあ明日からこれをやってみよう〜!」ってやってみると、不思議とそんな展開になって行く。

        「お〜びっくり〜!夢に描いた通りだ〜!」って私自身の経験でもあります。

         

        将来の夢をワクワクドキドキしながら描いてみると、無意識さんが発動するような気がします。

         

        トラウマの問題から解放されてくると、色々な可能性が見えてくる。

        思い描いた未来が見えてくる。

         

        今まで「私にはこれしかない・・・」って思っていた世界も「私にはもう一つ別の世界もあるかも〜!」っていう新しい世界が見えてくる。

         

        人生の展開って面白いのですよね!

         

        ☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

        http://shizuko-o.com

         

        ☆ブログランキングに参加しています。

        下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

         


        アダルトチルドレン ブログランキングへ

         

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
        にほんブログ村

        汐留

        • 2019.01.15 Tuesday
        • 19:27

        • 0
          • -
          • -
          • -

          ブロッコリー

          • 2019.01.15 Tuesday
          • 09:27

          • 0
            • -
            • -
            • -

            無かった事にしたかった過去

            • 2019.01.15 Tuesday
            • 08:05

            昨日はとっても天気が良かったですね。

             

            最近は暇さえあれば英語の勉強をやっている感じです。

            時々(いや毎日でした・・・)バンデアコーク先生のYoutubeを聞いています。

             

            結構、英語の勉強はストレス発散な感じがします。

            もともと「勉強が苦手」って思っていたのですが、案外と本来の私は勉強が好きだったのかもしれないとフト思いました。

             

            今の仕事もほぼほぼ勉強が仕事っていう感じあります。

            これまで勉強する事に物凄いコンプレックスを抱えていたのですが、色々な呪縛が取れてくると新しい自分が見えてくるのだなって思うのです。

             

            いらっしゃるクライアントさんも、自然とその方のそのままのお姿に戻っていかれます。

            自分を偽ったり、無理したりって言う事が、ほぼほぼ無くなって来られる〜♪

             

            だからその方にとって楽な環境を選び取って、その環境で水を得た魚のように泳ぎだす感じがあります。

            自然なその方のお姿が、自由そのものの姿なのだって思います。

             

            ナチュラルモードが一番無敵なのだな〜って思うのです。

            そのお姿は無意識的な姿なのですよね。

             

            ジュディスハーマン先生の『Complex PTSD』の中に興味深い文章がありました。

            先生は、児童期の虐待を受けてきたサバイバーには、解離する力が発達してくると言うのです。

            そしてShengold(1989)は、虐待された子の心の中で幻想の良い親が作られると言うのです。

            矛盾した自己イメージと親イメージは、融合されずに心の中で分裂が起こってくると言うのです。

             

            私の中でもこの経験はあったな〜って思い出しました。

             

            特に父親に対して「いい子」としてい続けなければと思っていました。

            そして命を狙われる程の虐待を受けていたけれど、それをしつけが厳しいとしていました。

             

            そうする事で、私の中であの家にいられる様な枠組みが出来上がっていました。

            最後の最後まで、私は親の姿を真っ白としておきたかった。

             

            あの時の数々の虐待の中での惨めな自分を受け入れなければならない恐怖がありました。

            それを認めたら、人間の残酷さを引き受けなければならない事を無意識で私はわかっていました。

             

            だから「厳しい人でした」ってしておきたかった。

             

            だけど無意識の部分では私はわかっていたのだと言うことです。

            それは私の症状さんが教えてくれていました。

             

            ある先生が「症状は火消し役だよ」って臨床指導の際に仰っておられました。

            「へえ〜面白い仕組みになっているんだな〜」って思っていました。

             

            私にとっての数々の症状があったから、心の中であの恐怖や絶望を分離させておくことができていた。

             

            私は普通の家に生まれ育ちました・・・。

            私の家はちょっと厳しかっただけ・・・。

             

            過去のことは見たくない。

            「あっちいけ〜!」って感じでやっていました。

             

            だけど心の奥底にあるモノは行き場を失って症状となって、言葉じゃない部分で訴えていました。

            「あなた本当にそれでいいの?」って感じで症状さんが訴えてくる。

             

            ジュディスハーマン先生が「矛盾」っておっしゃっていますが、本当に矛盾だらけな私でした。

            ようやくその矛盾が溶け始めた時、パズルのピースが当てはまるように全体像が見え矛盾が整理されてきた。

             

            「無かった事にしたかった過去」を整理していく。

             

            私が一人の人間として生きていくには、その部分を認めてあげる必要があったのだと思いました。

            それを認めてあげた時、当時の自分を受け入れいたわり、そして誇りを取り戻し、ことの経緯を眺めた時、必要じゃないものを捨てていくことが出来たのだと思います。

             

            私に必要じゃないものは相手にお返しし「バイバイ」って感じで自分の生きたい方向に歩いていく。

             

            そして物事がシンプルになって見えてきました。

            私自身の本質がクリアになってきたように思います。

             

            虐待の過去を認めいらないものは捨てていく。

            自分にとって大切なモノを携え、これからの人生を生きていくのだな〜って思うのでした。

             

            ☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

            http://shizuko-o.com

             

            ☆ブログランキングに参加しています。

            下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

             


            アダルトチルドレン ブログランキングへ

             

            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
            にほんブログ村

            温泉タオル♪

            • 2019.01.14 Monday
            • 19:03

            • 0
              • -
              • -
              • -

              ガパオライス

              • 2019.01.14 Monday
              • 12:52

              • 0
                • -
                • -
                • -

                calendar

                S M T W T F S
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << January 2019 >>

                hana

                日本ブログ村 

                selected entries

                categories

                archives

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM