生きる世界が変わる

  • 2018.02.18 Sunday
  • 05:23

今日は初日です。

気候は横浜と同じぐらいの感じでした。

 

天気が良く、朝からパブリック公園まで散歩をしてきました。

「あのリスちゃんいるかな〜♪」って思っていたら、2匹可愛いのがいました。

 

「お〜!可愛い〜♪」って感じです。

 

前に泊まったところと近く、以前は地図が頭に入っていなかったのですが、散歩をしていたら「なるほど〜!」って思いました。

前に足しげく通っていた大好きなスーパーを発見し、ちょっと嬉しくなりました。

 

英語の勉強を続けていますが、少しずつ力がついて来ているな〜って思いました。

文章を読む方は日本でいくらでも勉強できますが、会話力は実際に使わないと力が付かない。

 

ちょっと嬉しくなりました。

 

私のいるNewbury Streetは小洒落た店が立ち並ぶ通りであります。

可愛い雑貨屋さんなど、見ていると楽しくなる感じです。

 

「どんな店があるかな〜?」って思ったら、なんだか日本料理を食べさせてくれる店もあってビックリしました。

ラーメン屋(米粉麺)とかがあって「今度行ってみよう〜」と思います。

 

色々なことを越えて来て今があるな〜って、時々思うことがあります。

昔、5年前の今頃だったかと思います。

 

私は、30代は婦人科系の病気と闘っていました。

5年前に、その病気と決着する形となりました。

 

5年前、将来に対する絶望を感じていました。

ボストンに来るとその頃のことを思い出すのです。

 

なぜボストンに来ると思い出してしまうかっていうと、当時、私が落ち込んでいる最中、私の中で湧いてきたイメージが「将来ボストンに一人でいる私」だったのでした。

 

黒いコートを着て雪の降る中、ボストンの街を歩いている私。

 

そんなイメージが湧いてきた時、当時の私は「まさかね〜」って思ったのでした。

あの当時からしたら「そんな元気にわけないでしょう〜」的な感じでいたのですが、実際に昨年もそうですが、こうしてボストンに遊びにきている・・・。なんだか元気な私がいる〜。

 

不思議なものです。

 

時々私はそういったイメージが勝手に湧いてきて、「あれ?」って思うことがたまにあります。

そんな時に、前に師匠が言っていたことを思い出します。

「時空を越えて繋がる」ってそういえばおっしゃっていたっけって事。

 

今の私が、5年前の私につながって「大丈夫だよ、ボストンに遊びに行くぐらい元気になっているから」って応援しているのかな〜って思ったのでした。面白いですね。

 

回復って、何が起こるかわからないって所が大変面白いな〜って思います。

 

いらっしゃるクライアントさんの回復の展開をうかがわせて頂いても、同じように思います。

「生きる世界が変わる」、そんな感じに思います。

 

色々な呪縛から解放されて行くから、自分にとってそれまでが当然の常識って思っていた幻想から解放されて行く。

そうすると必要以上に自分を下げたり、自分が合わない環境や人間関係で、自分を押し込める必要がないってことが見えて来る。

そして能力も上がって来られる。

 

そうすると自分に水があう環境を探し、さらにバージョンアップされて行く。

そして本当にやりたい事が見えて来る。

 

「もっと自分はステップアップできるかも〜」って思えるようになってこられる。

 

自分の成長と共に、見えて来る世界が違って来る。

そして「こんな世界があるんだ〜」ってワクワクしながら見えて来る展開。

 

「痛快だ〜!」って思うセラピストとしての私がいるのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHP

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

続きを読む >>

色々な可能性のある未来

  • 2018.02.17 Saturday
  • 09:21

ボストンに来ています。

こちらの方は、夜の19時になります。

 

羽田からミネアポリスを経由してボストンに到着〜!って感じです。

ボストンは3回目になりまして、だいぶちょっとずつ慣れてきましたが、アメリカ人の物凄いスピードの英語に「ヒョエ〜!」って感じであります。

 

英語の修行にやってきました。

 

「ぜ〜ぜ〜!」って感じでスーツケースを引いてやってきましたが、やはり皆さん大変親切であります。

慣れない場所で「ここはどこだ〜!」って感じで、パニクっていると、皆さん私の顔色を察したのか丁寧に道を案内してくれたり、ネットで場所を検索してくれたりなど「う〜嬉しい〜」って来た早々感じました。

 

ボストンは私の大好きな街であります。

かつてもう随分と昔になりますが(おそらく17年前ぐらい)、トラウマ治療の研修旅行に衝動的に参加して以来、私にとって物凄く大事な場所になっています。

 

あの時はちょうど、ボランティアでNPOで活動していた時代だったと思います。

そのNPOの詰所みたいな所に、偶然その研修旅行のパンフレットが置いてあって、「あ〜!これ行きた〜い!」って思って参加した研修旅行。

 

それから本当に月日が経ちましたが、その後大学院に入り卒業し、カウンセラーとして仕事をするようになっても、やはり忘れられない場所になっています。

 

17年前の自分を振り返ると、トラウマの問題がバリバリ出ていて乖離した状態が常だったな〜って思います。

「このトラウマの問題をどうやったら解決できるのだろう?」って感じで、自分の問題も抱えながら参加した研修だったと思います。

 

あの頃は、自分にとって未来って実は感じられなかった・・・。

感じられないっていうことが私にとって危うと密かに分かっていたから、だから色々な物にあえて挑戦して自分を今に引き止めて起きたかったのだな〜って振り返ると思います。

 

懐かしな〜って思います。

 

いらっしゃるクライアントさんも過去のトラウマの問題を抱え、そしてその問題が故に、今を生きているようで実は、その心は過去の凍りついた状態になってしまっている。だから色々な過去の感情や執着や思考が今の自分に影響してしまう。

 

だから「今」を生きているけれど、「未来」を感じられない状態になってしまう。

「今」や「未来」を生きるのにも、「過去」が重たすぎてそれすら余裕がない感じになってしまう・・・。

 

「過去」が整理されてくると、不思議と皆さん「未来」を期待することができるようになっていかれます。

「これから先どうしようかな〜♪」って事や、自分の本来持っている力を活かしながら、今を「楽しいな〜♪」ってエンジョイ出来るようになって来られる〜。

 

「あの過去は?」って感じで、まったりとした今の時間を楽しめる。

 

その先の未来は色々な可能性が含まれている。

その未来を一緒に見据えた時、「本当に楽しみですね〜♪」って感じるセラピストの私がいるのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

続きを読む >>

回復の美しさに惹かれて

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 07:29

近頃フト、「昔と変わったな〜」って思う事があります。

 

何となく思うのは、委ねながら生きる様になったな〜って事です。

何となく昔は、私というモノにもの凄くしがみついていた。

 

近頃、何となくそれって金太郎飴のような感じで、どこを切っても同じ模様で面白くないな〜って思ったりして、周囲にいる方々に委ねながら、その方々から見えて来る世界を一緒に眺めていると「ほ〜面白〜い!」って感じに思えて楽しくなったりします。

 

私の世界には限りがあるけれど、一緒に繋がって下さる人達の世界を共有させて頂くと、面白い世界が見えて来る。

そんな事を思います。

 

世界は広いな〜って感じに思います。

 

トラウマ治療ってモノに魅了されて、FAP療法に魅了されて臨床家として歩いてきました。

そうやって心底興味があって「どうやって人は心の傷から解放されるの?」、「どういうメカニズムになっているの?」ってことを謎解きのような感じで歩いていると、それを教えてくれる人(師匠)に出会い、そしてそこから見えて来る景色はまた豊かで美しいな〜ってことを思います。

 

そしてセラピストとして生きる事に喜びを感じます。

ある意味、この仕事に就く事で本当に人生が豊かになったと実感しています。

 

そして人が自由になっていかれる姿を、この上なく美しいと思える事。

それが私にとって大事なモノに思えてならないな〜って思います。

 

どんな事があったって、人はそこを超えて自分らしく自由に生き抜いていける。

そんなことを、日々臨床現場に立っていると実感します。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

世界に一つだけの花

  • 2018.02.13 Tuesday
  • 09:09

今日はちょっと寒いですね〜。

自転車でキコキコと走ってきました。

 

何となくフト、先日私は「人間らしくなって来たな〜」って思いました。

「人間らしくって何よ?」って感じなのですが、なんとなくふと思いました。

 

それまで人間の皮を被った存在の様に思っていて、ものすごく自分に対して違和感を感じていました。

段々とこの仕事をする様になって、いろいろな人との繋がり、そしてこの地に根を下ろして行くうちに「あ〜ようやく人として生きられる様になったな〜」って実感する様になりました。

 

いろいろな人との出会いで、本来の自分に戻って行く・・・。

そして人間らしくなって行く。

 

そんな風に思いました。

大変有難いな〜って思いました。

 

面接をしていると心が躍る感じが正直あります。

クライアントさんが見せてくださるご様子に、色々な感動があって「あ〜この仕事やめられないな〜」って、そんな瞬間に実感します。

 

それはその方の奥に潜む、美しく輝くダイヤモンドを発見した時です。

「これか〜!」って感じに、その眩さに驚かされる時があります。

 

ご来室当初は、「私は何を求めていて、どうしたい?」ってことが見えなくなってしまっている。

「私」という感覚は、硬い鎧の奥の奥に潜んでいて、それがあることすら見えなくなってしまっている・・・。

 

そして世間の価値観というモノに縛られてしまっている。

そこから段々と「私」というモノが見えて来て、そこに段々と美しさを見出せる様になって来られる。

 

「私」はこれが好きです。

「私」はこれを大事にして生きています。

「私」はこうなりたいです。

 

そういった「私」が段々とクリアに浮き彫りにされて行くと、かつて世間というモノを指標にして、そこで比較して自分をダメ出しし、卑下していた頃とは違った世界が見えてくる。

 

そこに価値を見出さなくなってくる。

それと同時に、「私」を大事にして生きていかれる様になる。

 

そして眠っていた能力を活かし、そしてそれを主軸に生きていかれる様になる〜!

「いや〜お見事ですね〜!」って思うと同時に、私は内心「やっぱりね!」って思ったりします。

 

それぞれがそれぞれの美しいものをお持ちでいらっしゃる。

「世界に一つだけの花」なんだよね〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

続きを読む >>

シンデレラ物語

  • 2018.02.11 Sunday
  • 11:13

 横浜はだいぶあったかくなってきました。

いつも行く喫茶店で「豆乳ティアイスお願いします〜」って注文したら、いつものお兄さんが「ホットじゃなくていいんですか?」って言われました。

 

何だかアイスティを飲みたくなる感じです。

ちょっと春の風をなんとなく感じながらオフィスまでやってきました。

 

いらっしゃるクライアントさんのお話を伺うと、シンデレラの物語を思い出します。

「あ〜シンデレラだ〜」って無意識に思う。

 

高い知性と美しさがゆえに、嫉妬されて本来の姿を歪められてしまう。

そのため孤独を抱えて歩かされる。

 

ご来室当初お会いすると「なぜこの方が、このように本来の姿を歪められているのか?」って、私の方が疑いたくなる感じがあります。

 

「どうしてだろう?」って思った時、美しさと高い知性が故に嫉妬されて歪められた結果なのだなと思うのです。

それが故に様々なネガティブな暗示を入れられ、歪められ歩かされてしまう。

 

そんな事が起こっていたのだな〜って思うのです。

 

少しずつその植えつけたれた呪縛から解かれて行くと「あ〜これか〜」ていう、その方らしいステップを見せてくれます。

語弊がありますが「シンデレラだ〜」って私は思うのです。

 

呪縛から解放されて行くステップの中で選び取って行く人間関係や環境は、自分に見合ったモノを選択されるようになる。

それはこれまでの様な、不安や恐怖がない世界。

 

かつての世界は、周囲の人達のコンプレックスを補填するために、相手から嫉妬されて、自分の価値を下げられ歪められてしまっていた。その世界を生き、その中で幻想の「足りない自分」が作られてしまっていた。

そんなカラクリの世界を生きていた。

 

そこから解放されて行くと、自分のために自分らしく生きて行くステップを踏まれる。

 

シンデレラのように、美しく輝きながら本来の姿に戻って行く〜。

キラキラと輝くのですね〜!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

続きを読む >>

自分らしい花を咲かせる

  • 2018.02.08 Thursday
  • 11:35

何となく今日もいい天気であります。

ブロッコリーは、スーパーで売っているのと同じぐらいになってきました〜。

 

ちょっと庭先にブロッコリーがいっぱいで、面白い感じです。

 

回復されていかれるクライアントさんの成長を拝見すると、「大きくなられて〜」って感じに思う事があります。

本当に、着々と成長されている。

 

そんな事を実感します。

 

回復されて行かれる方の特徴は、「自分のために生きていける」ってことだな〜って思います。

「え〜!そんな事?」って思うのですが、案外とこれって難しい感じでもあります。

 

案外と、周りの価値観にブラされたり、世間の価値観にブラされたりって事は良くあるように思います。

 

ブラされてしまっていると、どこか本来の姿から離れてしまっている感じになってしまう・・・。

そして色々な影響に引っ張られて、自分の本題から外れてしまっている場合もある。

 

色々な方々をお会いする時、「この方のベクトルってどこかな?」って事を思いながら下ります。

心から求めているもの、それ以外必要ないぐらいのその方にとっての自由。

 

「それは何だろう?」って事をフト思います。

 

回復とともに、その先に見えるキラッと光るものを目標に歩かれるようになる。

「私が求めているものはこれです〜♪」って感じで、着々とそれに向かって歩かれる。

 

そして力をつけて行かれる〜。

その姿を拝見しているのがとっても私は楽しいのです〜♪

 

「ど〜んなお花を咲かせるかな〜♪」って感じですね。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けるとうれしいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

続きを読む >>

人生が輝いてくる

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 12:34

今日もいい天気です。

電車に乗って通勤をしましたが、カバン片手に歩いていると、不思議と「何だか軽いな〜」って思いながら歩いていました。

 

私は横浜の街が好きで街中を歩いていると、私が私らしくいられる感じがします。

行き交う人の間を漂いながら「心地いいな〜」って朝ふと思いました。

 

いらっしゃるクライアントさんの回復で共通するのが、輝いて来られるって事だな〜って思います。

「キラキラ〜♪キラキラ〜♪」って感じに、「オ〜」って思います。

 

そんな時、やはり実感するのが心(無意識)に聞いていくって大きいのだな〜って思います。

 

とかく頭で考えると「それってさ〜」って感じで、自分の常識とか価値観とかで制限がかかってしまう。

だけれども無意識さんに委ねてみると「面白い世界が見えてくるね〜」って感じに思うのです。

 

色々な世界が見えてくる。

 

それまでの世界とはまた違った、色々な可能性とワクワクドキドキする世界が見えてくる。

「無意識さんが見せてくれる世界て、こういう世界なんだな〜」ってセラピストである私も思うのです。

 

色々な可能性が含まれた、ワクワク楽しい世界〜♪

 

「いいね〜」って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

続きを読む >>

豊かになっていく人生

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 09:52

今日は横浜はいい天気であります。

朝方、お日様の光で目が覚めました。

 

グリーンピースのつるは「クルクル〜♪」って感じにフェンスに絡まってくれています。

「寒いのに逞しいな〜」って思います。

 

何となくこの仕事をするようになって、クライアントさんの回復を伴走させていただくにあたって時の流れを感じるというと語弊がありますが、そんなことを思います(ちょっと渋いですね〜)。

 

ご来室当初のお姿を拝見すると、その頃を思い出し人生が豊かににぎやかになられている変化に何ともいえない気持ちになります。

「家族」というものが、豊かにそして楽しく展開するありさまに「素敵だな〜」って感じます。

 

色々な問題を一つ一つ越えて、人生が、そして家族が豊かになり、笑顔が増えていく。

それを伴走させていただく事が、大変光栄だなと思います。

 

そんな中、セラピストとしての私も、一緒に成長させてもらっているなと思います。

あの頃と比べて、周りの環境、その他がずいぶんと変わって来ている。

 

皆さんと一緒に回復しているような、そんな感覚になります。

セラピストとして、一緒に一体感を感じながら「ワッハッハ〜!」って笑いながら自由を喜べる自分でいたいと思いました。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

夢を作っていく

  • 2018.02.05 Monday
  • 12:20

今日は横浜は爽やかな天気であります。

自転車で「しゃ〜!」って走ってきました。

 

先日、講師の仕事がありました。

生徒さんは少しずつ育ってきていらっしゃるな〜って思いました。

 

そんな姿を拝見すると、私も嬉しくてなります。

 

授業では、私がクライアント役を1時間やって、それぞれの生徒さんに短い時間カウンセリングをして頂きました。

時間がきたらバトンタッチ〜って感じです。

 

私はクライアント役は師匠の面接を受けているので、プロ中のプロで自分でも仮の役作りですが、セリフがどんどん次から次へと出て来ることに自分でもびっくりしました。

 

「お〜役者だ〜」って思いました。

 

そんな風に私自身が、生徒さんたちのクライアント役になってみると、彼らの成長や美しい部分が拝見できて「いいな〜」って気持ちになりました。生徒さんたちと一体感を感じながら「楽しかったね〜♪」って時間を共有することがこの上なく嬉しくて思うのでした。

 

何となく私は回復の道を歩いてきて、自分の夢を妄想しながら歩いてきたな〜って思う事があります。

師匠から「大塚さん、将来どんな風になりたいの?」って質問されて、「カウンセラーとして横浜でやりたいです」なんてことを昔お話をしたことがありました。

 

それだけで終わりって思っていたら「じゃあその時、どんな環境で、どんな人に囲まれているの?」「それは何年後の将来なの?」って聞かれて、ちょっと恥ずかしくなりながら、ボソボソと答えたことがありました。

 

それで終わりかって思ったら、師匠はまた突っ込んできました。

「じゃあその時、どんな服を着て、どんな化粧をして、どんな姿勢でいるの?」って聞かれて、思わず笑ってしまいました。

 

だけれども今思うと、将来をクリアにビビットにイメージするって結構大きいのかなって実感します。

 

自分の目標をイメージしながら、その目標に到達するまでの途中経過の時点はいつぐらい?

その頃はどんな自分でいたい?って感じで、スモールステップの段階までチャンクを下げていく。

 

そうした時に出てきたのが「英語の勉強」でした。

英語ってなると「お勉強」って感じになって、私のシャッターが「ガラガラガッシャン〜!」ってなってしまってしまう感じでした。

 

だけれどもトラウマ関係の事や、自分の楽しみのことになると、シャッターが10センチぐらいあく。

そして少しずつ初めていくと「何だか結構英語って面白いかも〜」とか「なんか理解できるかも〜」って感じになって来る。

 

そして冷や汗を垂らしながら、ボストンや学会に参加すべくシカゴに飛んでいく。

「あ〜れ〜」って感じですが・・・。そうすると新しいみたことがない世界が見えて来る〜。

 

そんな風にして歩いてきているな〜って思います。

 

夢を鮮やかにイメージしながら、スモールステップで歩いていく。

そうすると、自分を取り巻く景色や世界がまた違ったふうに展開していくのだな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

続きを読む >>

”私”の世界が見えてくると

  • 2018.02.04 Sunday
  • 07:52

今日はだいぶ横浜はあったかいもしれません。

先日、野菜の種をちょっと見てみました。

 

「3月になったら何か植えられるかな〜?」って思いましたが、まだちょっと早いようです。

庭先がちょっとさみしくて、色々と休みの日にお花を購入しました。

 

今年もボストン産のひょうたんかぼちゃ(2代目)を植えてみようと思います。

あのボストン産のひょうたんかぼちゃ、食べるのが惜しくて家に飾ってあります・・・。

 

何となく、日々色々なクライアントさんがご来室されている中、その変化を拝見していると無意識的に変化されているな〜って思います。

 

「なるほどな〜、こんな風に変化されていくのか〜」って事を実感します。

その一つに、「人に気を使わなくなってくる」と言うことです。

 

私自身もそうですが、結構「良い人」をやってしまうことがあります。

「良い人」をやっていくと、そう言う人なんてカテゴリーに入れられてしまって、それが積もり積もって「何だかシンドイ〜」って事は昔は良くありました。

 

そんな自分は少しずつ解放され「自分中心〜!」って感じであります。

「回復されていくと性格が悪くなるよ」って師匠から教わった通り、段々と自分中心になってくるから、良い人の影が薄れてくるようになってきます。

 

この「良い人」って言う部分も、ある意味、「相手からどう思われているのか?」ってことが中心になっているのだなと思います。

トラウマの問題を抱えていると、人との関係で恐怖の部分が刺激されてしまうから「良い人」の枠から抜け出せない感じになるのだな〜って思います。

 

自分が標準ではなくて、周りの人が標準になってくる。

そこから解放されていくと「私はこれが良い〜!」、「私はこれが嫌い〜、なぜならば私がそう感じるから〜」っていう風に「私」が浮き彫りにされてくる。

 

喜怒哀楽が自然と出てくる。

嬉しい時には、嬉しいと思い、怒っている時には怒りを感じる。

 

そんな風に歩いていると、心から「楽しいな〜♪」ってことをワクワクドキドキする感覚が見えてくる。

そして日常が光ってくるのだな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM