”家族”の自由と成長

  • 2019.05.26 Sunday
  • 07:05

だいぶ暑い季節になってきましたね〜!

 

この季節、自転車で走っていると、とっても気持ちがいいです。

横浜は自転車の街って感じのごとく、自転車に乗れない日はちょっと「う〜!」って感じであります。

 

日々ブログを書き綴っております。

その中で皆様方と繋がりながら、時にフィードバックを頂くと「嬉しいな〜♪」って感じています。

有難うございます。

 

相談室を立ち上げてもう少しで5年が経とうとしています。

本当に早いものです。

 

歴史というと大げさな話ですが、横浜関内の頃から走っていますが、私自身も臨床家として少しずつ皆様と共に成長させて頂き、段々と見えてくる景色や世界が変化していると実感します。皆様と繋がって見えてくる世界はとっても美しいな〜って思います。

 

「こんな世界があるなんて〜!」って思います。

有難うございます。

 

いらっしゃる方々が、自由になっていかれる姿。

そしてご家族の自由を拝見する時、なんとも言えない気持ちになります。

 

大学院での専攻は”家族と子供”でした。

私のニーズとぴったりの専攻でありました。

 

だから昔から家族臨床に携わっていると、私は妙に目が「キラ〜ン!」って変わるように臨床にのめり込んで来ました。

それぞれのご家族を拝見していると、お子さんの存在は非常に象徴的なものであると実感します。

 

家族療法では、問題を抱えている人をIdentified Patient(IP)と呼び、いわゆる鉱山のカナリア的存在としています。

 

鉱山に入ると、カナリアさんがいち早く「空気が薄いぞ〜!」って教えてくれる。

だから炭鉱で働く人たちは、カナリアさんを連れて山の中に入ったというのです。

 

だからお子さんのご様子を拝見していると「あ〜このご家族は大丈夫だな』って思える瞬間があります。

 

そんな時、かつての怒涛の時期を思い出す感じであります。

「よく越えられた〜!」っていう感動と共に、仕事冥利に尽きるな〜って実感します。

 

家族それぞれの成長、お子さんの成長と自由。

 

そんな共に笑い合える輝く時間を共有させて頂き、その瞬間を味わえる事をこの上なく嬉しく思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

”私”を生かす

  • 2019.05.05 Sunday
  • 06:48

昨日は公園に散歩に行きました。

非常に「ほ〜気持ちがいい〜♪」って感じでありました。

 

健康にとっても気をくばっている方々が多くて、職業病で観察してみると顔が生き生きしていて「シュッ!」っとしているな〜ってなんて事を思いながら散歩をしていました。不思議と公園にいる方々に注目していると、不思議と頭が「ス〜」っと軽くなって来ました。

 

誰と繋がるかによって私の状態が変わって、こう言う事なのだなって思いました。興味深いですね。

 

私自身、回復と共につながっている人間関係がシフトして来た感じがあります。

それと共に不思議ですが楽に自分を活用できるようになった気がします。

 

昔は頑張ってもやりたい事ができなかった。

それが頑張らなくてもやりたいなって思った事が淡々と出来てくる。

 

いらっしゃるクライアントさんも、回復と共に繋がっている人間関係がシフトチェンジして行きます。興味深いなって思います。

 

当初は、周囲に無理をして合わせている状況だったりします。

相手が主体になって、自分を押し殺し無理して我慢してストレスを抱えている状態。

 

その関係性は満たされる関係性ではない傾向があります。

どこか相手から利用される関係だったり、不平等な関係性だったり本質の部分で信頼関係がない状態だったりします。

 

葛藤が多い中でストレスを抱え続けているから、本来の力やセンスは発揮できない状態になってしまう。

能力的に自分を下げて、相手に無理に合わせている関係性なのですよね。

 

能力が高い人が我慢してストレスを抱え自分を低くしながらやっていると、それはストレスになってしまいます。

そのストレスによってパフォーマンスが下がって、実際に「出来ない人」や「ダメな人」って扱いにされてしまう・・・。

 

自分を下げた苦しみを緩和する為に依存の対象物が必要になってくる場合もあります。

 

回復とともにいい感じで喜怒哀楽が見えてくると苦しい関係、釣り合いが取れない関係、そぐわない関係は自然と整理されて行きます。

 

人間関係の断捨離です。

 

暫くするとご自分にぴったりあったモノを選ばれるようになる。

その関係はとっても「私が楽」を感じられるものだったりします。

 

無理をしたりストレスを抱えたりしないから、自然と本来ある能力を発揮して来られる。

認められて段々と高みに上っていく。

 

「適材適所」っていう言葉がありますが、自分に見合った所で生きている方が人は自由なのだな〜って思うのです。

 

楽しい心地よい環境や人間関係を選び取っていく。

そして合わない関係を整理して行く。

 

それが”私”を生かす秘訣なのですね。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

私を大切に生きていくと

  • 2019.04.27 Saturday
  • 07:10

ちょっと前に種を蒔いたインゲンも少しずつ大きくなっている感じです。

この前の休みにフェンス横の土を整理しました。

 

次の休みにはインゲンを定植しようと思います。

インゲンは毎年植えていますが、成長が物凄い早いのですよね。

 

眺めていてとっても痛快な野菜であります。

 

回復されていかれるクライアントさんは、とってもしなやかでいらっしゃるな〜って思います。

その動きに「いや〜お見事!」って言うぐらいの動きをなさるな〜って思いますね。

 

”私”を大切になさりながら、周りを見ながらその中でご自分を守るべく動いていかれる。

 

幼少期のトラウマの問題を抱えていますと、不安や恐怖をベースに行動を選択したりする事になってしまう。

だから自ずと我慢がベースの動きになってしまうように思います。

 

「人からどう思われるか不安」「自分には自信がない」って思ってしまって、色々な場面で過剰適応状態になってしまう。

 

その様な状態になってしまうと、自分にとって「危険だ〜!」っていう感覚が麻痺してしまうから、不快な人間関係の中で傷つけられ続ける事になってしまう。だから本来ある自由な動きが拘束されてしまうんですよね。

 

その恐怖感から解放されていくと、非常にパワフルで自由になっていかれます。

ご自分が楽なポジションを取りながら縦横無尽に飛び回る。

 

心の底から「楽だな〜♪」っていう選択肢を選ばれる。

自分に優しく、一緒にいる人にも優しくなっていかれる。

 

その世界は自然と笑いのある世界なのですよね。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

苦しみを手放す意味

  • 2019.04.22 Monday
  • 07:00

段々と暖かくなってくると、植物の種達が元気に発芽しつつあります。

 

枝豆とオクラを植えようと妄想していると、結構楽しいです。

トマト、パプリカ、ピーマン等をどこに植えようかな〜って考え中であります。

 

クライアントさんの回復を拝見していると「人はどうして苦しむのか?」そして「そこからどうやって回復されて行かれるのか?」が見えてくる感じがあります。

 

私もそうでしたが「あの親のように決してならない」って思っていた時代がありました。

そんな時、頭の中は親の事がいっぱいでした(今は、殆ど考えなくなりました)。

 

そうすると結構自分の中に「あ〜何だか忌み嫌っていた親に似ている」って、自己嫌悪になる事が多かったように思います。

 

原家族において虐待やネグレクト等の問題を抱えていると、怒りや恨みの感覚に支配されてしまう事があります。

もちろんそれは当然のことだと思います。

 

常に常に相手の事が頭から離れない。

そうして苦しい不快な人と繋がってしまう事になってしまう。

 

本当は自由な心でいたいけれど忌み嫌っていた相手のことが頭から離れず、結果相手に似てきてしまう。

本当は楽しくしていたいけれど恨みの感覚に心が支配されてしまってしまう。

 

こういったカラクリがあるのだなって思うのです。

 

回復されて行かれると、それまで抱えていた執着から解放されていきます。

そうすると普段から恨みや怒り等の気持ちに支配されなくなってくる。

 

すると足かせになっていた部分から解放されていきます。

 

もっと楽しい事、やりたかった事、ご自分を高めていける事にエネルギーを注げるようになって来られる。

着々とそのステップを踏んで行く。

 

そしてそれまでのお姿とは違ったお姿になって行かれます。

自分を磨き、キラキラと輝く人になって行かれるのですよね〜♪ 

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい、

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

生きる事を楽しめる世界

  • 2019.04.14 Sunday
  • 07:01

昨日はちょっと暖かい1日でした。

自転車で「しゃ〜!」って感じで横浜の街を走っていると、とっても気持ちがいいです。

 

横浜も場所によって色々な顔があります。

”馬車道”は昭和のレトロな感じで、その通りを抜けて行くとガラッと雰囲気が変わって「The 横浜!」ってごとく”横浜みなとみらい”となります。

 

近頃、不思議と空が青いな〜♪って何だか妙に感じます。

「Blue Sky〜♪」って感じで走っております。

 

ご来室されるクライアントさんの成長を長い期間拝見させて頂くことがあります。

その歴史に寄り添わせて頂くと、家族の成長もまた同時に拝見する感じになります。

 

それぞれが年を重ね、家族メンバーそれぞれがその方らしく成長して行かれる。

共にキラキラと輝く時を刻んでいく。

 

とっても美しいな〜って思います。

 

ご来室当初は、今にも折れそうな感覚を抱えご来室される。

様々な問題を抱え、たどり着いて来られる。

 

そして少しずつ「今、なぜごこのようであるか?」という謎が明らかになって行かれる。

 

「原家族の中で何が起こっていたか?」

「それによってご自分はどんな影響を受けていたか?」

「抱えていらっしゃる問題は、どうして出来上がって来たか?」

 

その様な事を家系図や生育歴の中で確認していく。

そんな時「あ〜この時の自分、この状況で本当によく頑張ったな」、「この時の自分、苦しかったけど逆境を良く切り抜けたな」っていう、これまでの戦って来られたお姿が明らかになって来られる。

 

そして一つ一つ様々な”私”を、過去の大切な”私”の歴史として組み込んで行く。

到底、あの時は受け入れられなかったけれど、その経験を大切な過去の一コマとして整理していく。

 

そうして行くと自然と、それまで見えてきた世界とは違った世界が見えてくる。

トラウマを抱えていた幼い頃のご自分の感覚で眺めていた世界は、また違った今現在の大人の私が眺める世界にシフトして行かれる。

 

大人の私は、それまでとは違って色々な要素を兼ね備えた私に成長されている。

 

「みんなに愛されなくていい」、「私を大切にし、私が大切だと思う人と楽しめばいい」そんな感覚が見えてくる。

そしてこれからの人生が楽しくなっていかれる。

 

「これからこんな風になったら楽しいだろうな〜♪」っていうワクワクドキドキの世界が見えて来られる。

 

これまでとは違った、生きる事を楽しめる世界が見えてくるのですよね。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

”いい手紙”を懐に入れて

  • 2019.04.07 Sunday
  • 07:12

近頃はあったかくなってきたな〜って感じです。

前に買ってあった、枝豆とオクラをまた恒例になりますがタネを撒こうと思います。

 

それぞれ結構簡単で、大変重宝しています。

オクラはお花もハイビスカス的な感じで美しいのですよね。

 

日々色々なクライアントさんの回復を拝見しています。

その姿に、セラピストである私の方がビビる感じがあります。

 

それはその方の本質が見えてくるからです。

ご来室当初は、いわゆる症状に本質が隠れてしまっている。

 

「症状=自分」ってなってしまっている。

ご自分に対してダメ出しされて、そして「自分ってダメな人」ってラベルを貼ってしまっている。

 

だけれどもその部分って、結局はトラウマの問題からくる症状なだけであって、その方の本質ではないのですよね。

本質が見えてきた時「あ〜私には真似できないね〜」って思う動きをやはりなさいます。

 

そんな時に、ふとやはり思うのが「いい手紙」って事ですね。

相手を信じ、いい手紙を懐に入れて淡々と接していく。

 

そうすると少しずつ見えてくる景色が変わってくる。

そして様々な可能性や光が見えてくる。

 

素敵だな〜って思います。

 

私がトラウマ治療に魅了されるのは、この部分かもしれません。

目の前にいらっしゃるその方の素敵な部分に出会えるから。

 

そんな事を思うのでした。

 

色々なトラウマの問題を抱えていると、様々な症状が付随します。

ある人は苦しみが頭から離れない、ある人は食べ物の問題、ある場合はお酒や対人関係の問題など・・・。

 

そんな風な問題に囲まれていると、その方の本質は症状にコーティングされてしまう・・・。

だから動きもまた、それらの酔いの中で進んでしまう。

 

酔った中での行動だから、的確な判断ができにくかったり空回りしてしまう感じになってしまう。

 

段々と酔いからさまって来ると、地に足がついた形で見事な動きを見せて下さいます。

そうすると着々と自由なステップを歩まれるようになります。

 

「自分にとって何が必要か?」「必要じゃない物は何?」って感じで、自動的に自由な選択ができる。

いわゆる師匠がおっしゃる無意識的な生き方が出来るようになられます。

 

その動きは「すごい〜!」って感じのモノだったりします。

そしてキラキラと輝いているのですよね〜♪

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

自分の能力を認めてみる

  • 2019.03.18 Monday
  • 06:51

近頃は心理学の英単語の勉強をしています。

ちょっと受験生のような感じでもあります。

 

喫茶店で単語帳をせっせと作っております。

少し頭にインプットされていると「あ〜嬉しい〜!」って思います。

 

コツコツと語彙力をつけていきたいな〜って思います。

 

家族の臨床をやっていると非常に興味深いな〜って思います。

師匠が知的能力についてブログで書いておられて、臨床現場でも興味深いな〜って思う事があります。

 

家系図の情報を伺う時、知的な能力についても伺ったりします。

 

目の前にいらっしゃるその方が非常に優秀である。

だけれども何故か自信がない。

また「私は能力がない」って信じてしまっている。

そしてそれに付随して様々な問題を抱えてしまっている。

 

そんな時「上の代の人達の知的能力ってどうなのかな?」って私はアンテナを張っています。

案外と両親よりも知的に高い方が多いように思います。

 

そうすると思うのは、その方が見えている世界が理解し得ないって言う問題が出て来ることがあるのだな〜って思うのです。

同じ日本語をしゃべっているけれど「何をしゃべっているのかな?」「話の中身は?」「理解されていないかも・・・」って事が知的に差がある場合は起こってくるように思うのです。

 

物事を深く理解し、そこから言葉が出てくる人と、行き当たりばったりで物事を短略的に考えて対応する人との差っていうのは大きな差になって来ます。

 

そうすると師匠のおっしゃる嫉妬の問題も出てくる。

また理解し得ない部分での情緒的なネグレクトを抱える場合も出て来たりします。

 

そしてもう一つ言えるのが、その方の本来の姿を捻じ曲げられてしまう場合もあるなって思うのです。

目の前にいらっしゃるその方の本来のお姿を、理解し得ない相手の問題で捻じ曲げられ歪められる事も起こっているなって思うのです。

 

私自身、自分自身の回復でも実感するのが、相手によって自分の姿やイメージが変わると思うのです。

 

相手がリスペクトして下さった時「自分って良いもの」と思え、背筋がピッと伸びて何となく自分に誇りを感じられる。

また相手が裁き罪を着せてくる時「私は薄汚れてしまっている」って思って醜い自分を感じる場合があります。

 

そんな風に親と子の関係でも能力差が出てくると、嫉妬や理解し得ないが故に、本来能力が高いその方の姿を見事に歪めてしまう様に思うのです。

 

だから能力が高いけれど自分の力を認められない。

自信を持てないって事が起こってくるのだな〜って思うのです。

 

回復と共に、一つ一つパズルが解けていく。

そして「私はそのままで良かったのだな〜」って事が見えてくる。

 

猫背で歩くことで周りと合わせて適応しようとしていたけれど、それをやってもやっても歪められ惨めさは拭えない。

到底「私がOK」って思えない。

 

そんな時、私を肯定して見て周りを見渡してみる。

「あ〜なるほど〜!」と師匠曰くの高低差が見えてくるのだな〜って思うのです。

 

そんな世界が見えて来た時、等身大で生きて行かれるようになるのだな〜って思うのです。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

催眠スクリプト7

  • 2019.03.17 Sunday
  • 07:12

横浜の夜景を眺めながら自転車を走らせ、しばらく走ると関内馬車道方面のレトロな雰囲気をくぐり抜け、キラキラとひかるネオンに「横浜の街は何だかいいな〜」って思っていました。

 

私の人生は皆様との出会いによって、本当に変わってしまったな〜って思いました。

今いる世界は夢のような世界だ〜!って走っている時に思いました。

 

心(無意識)の声に従って動いてみると、私にとって「こんな世界があるのか〜!」っていう景色を見せてくれるような気がしています。皆様と共に生きる世界は、キラキラと輝く美しい世界だなって思います。

 

有難うございます。

 

ふとそんな時、私はある薔薇のお話を思うのでした。

ある公園には、一本の大きな薔薇の木が植わっていました。

 

その薔薇は、多くの人を魅了したのでした。

春になるとその花の美しさに惹きつけられ、多くの人が魅了されるのでした。

 

その薔薇の木にはある歴史がありました。

 

薔薇の木の幹は太く、そしてがっしりしていました。

ある日嵐がやってきた時、その木々は折れてしまったのでした。

 

そんな時、この薔薇のお世話をしていた人は、ブツブツとつぶやきながら薔薇の修復をしていたのでした。

「薔薇の枝は剪定されればされる程、株が育ち枝が伸びるんだよね」ってブツブツ言いながら、せっせと世話をしていました。

 

まるでその人は、その薔薇の木のこれからの姿がわかっているかのように、淡々と折れてしまった枝を修復剪定するのでした。

 

段々と薔薇の折れた枝から小さい脇芽がひょっこり出て来た。

そして少しずつその枝は伸び始めて行く。

 

まるで腕を伸ばすように遠く遠くに枝を伸ばしていった。

最初にあった大きさよりも更に大きく大きく、この地に更に根を張り成長していったのでした。

 

薔薇の世話をする人は「やっぱりね僕が想定した通りだ」ってブツブツ言いながら、淡々と世話をするのでした。

そして春になって薔薇に蕾が膨らみ、見事な美しい花を咲かせたのでした。

 

「う〜ん見事だ!」ってその世話をする人はその薔薇の花を見上げたのでした。

 

薔薇はその人に微笑んで「有難う・・・」って言わんばかりの美しさで静かに咲いていたのでした。

静かに風に揺られながら咲き誇るのでした。

 

なぜか分からないけれど、良く思い出すのです。

私の吸う息と吐く息を感じる時、いつでもここへ帰ってくる私自身を今も感じているのです。

 

その人の話は、そして終わったのです。

 

さあゆっくりと深呼吸を3回していきます。

そして吸う息に気持ちを向けていく時、私と共にまた吸う息とともに爽やかな気配を満たしていけるかもしれません。

 

最後にご自分のに吸う息を感じてください。

そして好きな時に目を開けてください。

 

この場所に帰って来てください。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

催眠スクリプト6

  • 2019.03.09 Saturday
  • 06:30

天気がいいので近頃は自転車通勤をしています。

職場から家路につく時、みなとみらいの夜景が綺麗だな〜って思いながら「シャ〜!」って走っていました。

 

時計のついた大きな観覧車、そしてキラキラと輝くネオン「あ〜!横浜だ〜!」って思いながらいました。

 

桜木町はまだ慣れていないので見知らぬ道を走っていたりします。

自転車で試行錯誤しながら「到着〜!」って感じです。

 

新しい場所を走っていると「こっちの道に行くとどんな道があるのかな?」って思ったりします。

そして「右に行ってしまえ〜!」って思って右に曲がって行くと「あれ〜? 横断歩道がなかった〜」って事もあります・・・。

 

私は時々、道が2つに分かれていると「右に行こうか?左に行こうか?」って迷う事があります。

どちらも一定の方向に向かって進んむには良いのだけれど、見える景色が違うのだよな〜って思うのです。

 

風に吹かれながら自転車を走らせていると、一本の白い線が目にとまります。

この一本の線の上を走っていると、「この先どんな未来が待っているのかな?」って、少し楽しみな感じとちょっぴり不安な感覚が入り混じります。

 

そしてふと自転車をこぎながら周りを見渡すと、周囲の人達もまたそれぞれの道を選択しながら走っていたのでした。

 

私は一本の白い線の上を自転車でこぎながら走りながらいると、段々と見えてくる景色が変わってきたのでした。

いつの間にか静かな森の中を自転車で走っていました。

 

いつの間にか白い線は消え、そして森の中の静寂な感覚を感じながら走っていたのでした。

時々風と共に森の木々が揺れる音が聞こえます。

そして道のゴツゴツとした感覚を感じながら、自転車を走らせる。

 

そうするとある湖に行き着いたのでした。

 

私は自転車を停めて、ボ〜ッと森の景色を眺めていたのでした。

その森の湖は幾年もの月日を経て出来上がった湖でした。

 

その恵みで森の木々は生き生きと育ち生い茂っていた。

その木々に集まる小鳥達は、その木々を居場所としていたのでした。

 

そして小鳥達によって木々の種はあちこちに広がって、森の木々達も小鳥によって助けられていた。

そんな世界の中にいる時、私の中でふとある感覚が思い出されたのでした。

 

フト何だかわからないけれど「スーッ」っと肩の力が抜けたのでした。

そして私はまた自転車をこぎながら家路に急いだのでした。

 

なぜか分からないけれど、良く思い出すのです。

私の吸う息と吐く息を感じる時、いつでもここへ帰ってくる私自身を今も、感じているのです。

 

その人の話は、そして終わったのです。

 

さあゆっくりと深呼吸を3回していきます。

そして吸う息に気持ちを向けていくとき、私とともにまた吸う息とともに爽やかな気配を満たしていけるかもしれません。

 

最後にご自分のに吸う息を感じてください。

そして好きな時に目を開けてください。

 

この場所に帰って来てください。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

トラウマと依存症について

  • 2019.03.04 Monday
  • 07:26

次の英語のレッスンのために「あっ!残りのジュディスハーマン先生の資料を読まねば!」って感じで読んでおりました。

近頃は英語の勉強をしないと「あれ〜? 物足りないぞ何か?」って感じに思います。

 

何となく英語の師匠は、私にとって安全基地的存在のような感じがします。

ボストンに行っている時も、どこか見守ってくれている的な感じがあってホッとする所があります。

 

色々なボストン話ができる事が楽しみであります。

 

私は昔はアルコール専門病院で勤務していました。

近頃は色々な依存症の種類があるな〜って思います。

 

薬、食べ物、人、ネット、ゲームなど色々な種類の依存症があります。

 

トラウマと依存症についてバンデアコーク先生もYoutubeでおっしゃっていました。

幼少期のトラウマの経験がある方々はお酒や薬系統の依存症になる傾向があるとおっしゃっていました。

 

それを英語の勉強がてら聴きながら「そうですよね〜先生〜」って思っていました。

 

その依存症関係の中でも、鎮痛剤の問題もあったりします。

鎮痛剤は頭痛等の痛みを緩和させるものであったりします。

 

頭痛などで鎮痛剤を常用している場合、不安感を増幅させてしまう場合もあります。

痛み⇨鎮痛剤⇨不安増幅っていう悪循環ができてしまうっていうことが結構あります。

 

そしてその痛みは幼少期のトラウマ(見捨てられる不安)を抱えている事で、身体症状に退行してしその症状として痛みが出てくくる事もあると学びました。

 

だから常に薬が手放せない状態が出てくる悪循環が出来てくるのですね。

その悪循環にはまっていると薬&不安というセットが出来上がってしまう。

 

バンデアコーク先生や師匠がおっしゃるように、幼少期のトラウマの部分と依存症の関係って非常に興味深いって思います。

 

そのサイクルから抜けてくると、感情の酔い(不安)から解放されていきます。

感情の酔いの中に入っていると、色々な問題が引き起こされてしまいます。

 

そこから解放されて行くと、その方の感覚が見えてくるので、地に足がついた形で着々とその方が楽になる選択肢を選ぶことができます。少しずつ自分の人生を自分の力で一つひとつ作り上げて行く感覚が見えてくるのですね。

 

今日はトラウマと依存症についてでした〜!

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM