自分の能力を認めてみる

  • 2019.03.18 Monday
  • 06:51

近頃は心理学の英単語の勉強をしています。

ちょっと受験生のような感じでもあります。

 

喫茶店で単語帳をせっせと作っております。

少し頭にインプットされていると「あ〜嬉しい〜!」って思います。

 

コツコツと語彙力をつけていきたいな〜って思います。

 

家族の臨床をやっていると非常に興味深いな〜って思います。

師匠が知的能力についてブログで書いておられて、臨床現場でも興味深いな〜って思う事があります。

 

家系図の情報を伺う時、知的な能力についても伺ったりします。

 

目の前にいらっしゃるその方が非常に優秀である。

だけれども何故か自信がない。

また「私は能力がない」って信じてしまっている。

そしてそれに付随して様々な問題を抱えてしまっている。

 

そんな時「上の代の人達の知的能力ってどうなのかな?」って私はアンテナを張っています。

案外と両親よりも知的に高い方が多いように思います。

 

そうすると思うのは、その方が見えている世界が理解し得ないって言う問題が出て来ることがあるのだな〜って思うのです。

同じ日本語をしゃべっているけれど「何をしゃべっているのかな?」「話の中身は?」「理解されていないかも・・・」って事が知的に差がある場合は起こってくるように思うのです。

 

物事を深く理解し、そこから言葉が出てくる人と、行き当たりばったりで物事を短略的に考えて対応する人との差っていうのは大きな差になって来ます。

 

そうすると師匠のおっしゃる嫉妬の問題も出てくる。

また理解し得ない部分での情緒的なネグレクトを抱える場合も出て来たりします。

 

そしてもう一つ言えるのが、その方の本来の姿を捻じ曲げられてしまう場合もあるなって思うのです。

目の前にいらっしゃるその方の本来のお姿を、理解し得ない相手の問題で捻じ曲げられ歪められる事も起こっているなって思うのです。

 

私自身、自分自身の回復でも実感するのが、相手によって自分の姿やイメージが変わると思うのです。

 

相手がリスペクトして下さった時「自分って良いもの」と思え、背筋がピッと伸びて何となく自分に誇りを感じられる。

また相手が裁き罪を着せてくる時「私は薄汚れてしまっている」って思って醜い自分を感じる場合があります。

 

そんな風に親と子の関係でも能力差が出てくると、嫉妬や理解し得ないが故に、本来能力が高いその方の姿を見事に歪めてしまう様に思うのです。

 

だから能力が高いけれど自分の力を認められない。

自信を持てないって事が起こってくるのだな〜って思うのです。

 

回復と共に、一つ一つパズルが解けていく。

そして「私はそのままで良かったのだな〜」って事が見えてくる。

 

猫背で歩くことで周りと合わせて適応しようとしていたけれど、それをやってもやっても歪められ惨めさは拭えない。

到底「私がOK」って思えない。

 

そんな時、私を肯定して見て周りを見渡してみる。

「あ〜なるほど〜!」と師匠曰くの高低差が見えてくるのだな〜って思うのです。

 

そんな世界が見えて来た時、等身大で生きて行かれるようになるのだな〜って思うのです。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

催眠スクリプト7

  • 2019.03.17 Sunday
  • 07:12

横浜の夜景を眺めながら自転車を走らせ、しばらく走ると関内馬車道方面のレトロな雰囲気をくぐり抜け、キラキラとひかるネオンに「横浜の街は何だかいいな〜」って思っていました。

 

私の人生は皆様との出会いによって、本当に変わってしまったな〜って思いました。

今いる世界は夢のような世界だ〜!って走っている時に思いました。

 

心(無意識)の声に従って動いてみると、私にとって「こんな世界があるのか〜!」っていう景色を見せてくれるような気がしています。皆様と共に生きる世界は、キラキラと輝く美しい世界だなって思います。

 

有難うございます。

 

ふとそんな時、私はある薔薇のお話を思うのでした。

ある公園には、一本の大きな薔薇の木が植わっていました。

 

その薔薇は、多くの人を魅了したのでした。

春になるとその花の美しさに惹きつけられ、多くの人が魅了されるのでした。

 

その薔薇の木にはある歴史がありました。

 

薔薇の木の幹は太く、そしてがっしりしていました。

ある日嵐がやってきた時、その木々は折れてしまったのでした。

 

そんな時、この薔薇のお世話をしていた人は、ブツブツとつぶやきながら薔薇の修復をしていたのでした。

「薔薇の枝は剪定されればされる程、株が育ち枝が伸びるんだよね」ってブツブツ言いながら、せっせと世話をしていました。

 

まるでその人は、その薔薇の木のこれからの姿がわかっているかのように、淡々と折れてしまった枝を修復剪定するのでした。

 

段々と薔薇の折れた枝から小さい脇芽がひょっこり出て来た。

そして少しずつその枝は伸び始めて行く。

 

まるで腕を伸ばすように遠く遠くに枝を伸ばしていった。

最初にあった大きさよりも更に大きく大きく、この地に更に根を張り成長していったのでした。

 

薔薇の世話をする人は「やっぱりね僕が想定した通りだ」ってブツブツ言いながら、淡々と世話をするのでした。

そして春になって薔薇に蕾が膨らみ、見事な美しい花を咲かせたのでした。

 

「う〜ん見事だ!」ってその世話をする人はその薔薇の花を見上げたのでした。

 

薔薇はその人に微笑んで「有難う・・・」って言わんばかりの美しさで静かに咲いていたのでした。

静かに風に揺られながら咲き誇るのでした。

 

なぜか分からないけれど、良く思い出すのです。

私の吸う息と吐く息を感じる時、いつでもここへ帰ってくる私自身を今も感じているのです。

 

その人の話は、そして終わったのです。

 

さあゆっくりと深呼吸を3回していきます。

そして吸う息に気持ちを向けていく時、私と共にまた吸う息とともに爽やかな気配を満たしていけるかもしれません。

 

最後にご自分のに吸う息を感じてください。

そして好きな時に目を開けてください。

 

この場所に帰って来てください。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

催眠スクリプト6

  • 2019.03.09 Saturday
  • 06:30

天気がいいので近頃は自転車通勤をしています。

職場から家路につく時、みなとみらいの夜景が綺麗だな〜って思いながら「シャ〜!」って走っていました。

 

時計のついた大きな観覧車、そしてキラキラと輝くネオン「あ〜!横浜だ〜!」って思いながらいました。

 

桜木町はまだ慣れていないので見知らぬ道を走っていたりします。

自転車で試行錯誤しながら「到着〜!」って感じです。

 

新しい場所を走っていると「こっちの道に行くとどんな道があるのかな?」って思ったりします。

そして「右に行ってしまえ〜!」って思って右に曲がって行くと「あれ〜? 横断歩道がなかった〜」って事もあります・・・。

 

私は時々、道が2つに分かれていると「右に行こうか?左に行こうか?」って迷う事があります。

どちらも一定の方向に向かって進んむには良いのだけれど、見える景色が違うのだよな〜って思うのです。

 

風に吹かれながら自転車を走らせていると、一本の白い線が目にとまります。

この一本の線の上を走っていると、「この先どんな未来が待っているのかな?」って、少し楽しみな感じとちょっぴり不安な感覚が入り混じります。

 

そしてふと自転車をこぎながら周りを見渡すと、周囲の人達もまたそれぞれの道を選択しながら走っていたのでした。

 

私は一本の白い線の上を自転車でこぎながら走りながらいると、段々と見えてくる景色が変わってきたのでした。

いつの間にか静かな森の中を自転車で走っていました。

 

いつの間にか白い線は消え、そして森の中の静寂な感覚を感じながら走っていたのでした。

時々風と共に森の木々が揺れる音が聞こえます。

そして道のゴツゴツとした感覚を感じながら、自転車を走らせる。

 

そうするとある湖に行き着いたのでした。

 

私は自転車を停めて、ボ〜ッと森の景色を眺めていたのでした。

その森の湖は幾年もの月日を経て出来上がった湖でした。

 

その恵みで森の木々は生き生きと育ち生い茂っていた。

その木々に集まる小鳥達は、その木々を居場所としていたのでした。

 

そして小鳥達によって木々の種はあちこちに広がって、森の木々達も小鳥によって助けられていた。

そんな世界の中にいる時、私の中でふとある感覚が思い出されたのでした。

 

フト何だかわからないけれど「スーッ」っと肩の力が抜けたのでした。

そして私はまた自転車をこぎながら家路に急いだのでした。

 

なぜか分からないけれど、良く思い出すのです。

私の吸う息と吐く息を感じる時、いつでもここへ帰ってくる私自身を今も、感じているのです。

 

その人の話は、そして終わったのです。

 

さあゆっくりと深呼吸を3回していきます。

そして吸う息に気持ちを向けていくとき、私とともにまた吸う息とともに爽やかな気配を満たしていけるかもしれません。

 

最後にご自分のに吸う息を感じてください。

そして好きな時に目を開けてください。

 

この場所に帰って来てください。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

トラウマと依存症について

  • 2019.03.04 Monday
  • 07:26

次の英語のレッスンのために「あっ!残りのジュディスハーマン先生の資料を読まねば!」って感じで読んでおりました。

近頃は英語の勉強をしないと「あれ〜? 物足りないぞ何か?」って感じに思います。

 

何となく英語の師匠は、私にとって安全基地的存在のような感じがします。

ボストンに行っている時も、どこか見守ってくれている的な感じがあってホッとする所があります。

 

色々なボストン話ができる事が楽しみであります。

 

私は昔はアルコール専門病院で勤務していました。

近頃は色々な依存症の種類があるな〜って思います。

 

薬、食べ物、人、ネット、ゲームなど色々な種類の依存症があります。

 

トラウマと依存症についてバンデアコーク先生もYoutubeでおっしゃっていました。

幼少期のトラウマの経験がある方々はお酒や薬系統の依存症になる傾向があるとおっしゃっていました。

 

それを英語の勉強がてら聴きながら「そうですよね〜先生〜」って思っていました。

 

その依存症関係の中でも、鎮痛剤の問題もあったりします。

鎮痛剤は頭痛等の痛みを緩和させるものであったりします。

 

頭痛などで鎮痛剤を常用している場合、不安感を増幅させてしまう場合もあります。

痛み⇨鎮痛剤⇨不安増幅っていう悪循環ができてしまうっていうことが結構あります。

 

そしてその痛みは幼少期のトラウマ(見捨てられる不安)を抱えている事で、身体症状に退行してしその症状として痛みが出てくくる事もあると学びました。

 

だから常に薬が手放せない状態が出てくる悪循環が出来てくるのですね。

その悪循環にはまっていると薬&不安というセットが出来上がってしまう。

 

バンデアコーク先生や師匠がおっしゃるように、幼少期のトラウマの部分と依存症の関係って非常に興味深いって思います。

 

そのサイクルから抜けてくると、感情の酔い(不安)から解放されていきます。

感情の酔いの中に入っていると、色々な問題が引き起こされてしまいます。

 

そこから解放されて行くと、その方の感覚が見えてくるので、地に足がついた形で着々とその方が楽になる選択肢を選ぶことができます。少しずつ自分の人生を自分の力で一つひとつ作り上げて行く感覚が見えてくるのですね。

 

今日はトラウマと依存症についてでした〜!

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

人間関係と自由

  • 2019.03.01 Friday
  • 08:00

まだまだ寒い日が続くな〜って感じです。

毎年ボストンに行っている間は非常に暖かかったのですが、先日のボストンは「これがボストンの寒さだ〜!」って感じでありました。

 

「ゴ〜!」って雪風が吹く中を歩いていると「ボストンだ〜!」って感じでいました。

今年は寒いせいか、毎年行くパブリックガーデンにリスさん達が居なかったのが寂しかったです。

 

彼らは寒いからどこか暖かいところに避難をしているのかな?って思ったりしました。

 

私自身の回復やクライアントさんの回復について思う時、非常に「人間関係と自由」って連動しているなって思います。

人間関係の断捨離って大事だな〜って思います。

 

人は色々な環境に身をおいて生きている中、やはりそこでの人間関係の中で”私”というものが影響を受ける様に思うのです。

 

だからその環境や人間関係によって、その方の適応っていうものが下げられてしまう場合もあります。

コミュニケーション、例えばダブルバインドの状況があったら常に怒りや不安に包まれてしまう。

 

優しい事を言われているけれど、どこか不安や怒りを感じてしまう・・・。

グルグルと感情の酔いの世界を生きることになってしまう・・・。

 

「自由になりたい」とか、「前を向いて生きて生きたい」って思っても酔いの世界に入ってしまうと、どうしてもそれが難しい状態になってしまうのです。

 

私自身もありました。

どんなに頑張って「私」が良くありたいって思っても、周囲からの色々な感情のボールによって適応が落ちてしまう。

人間関係によって仕事の適応とか能力にも影響が出ていたように思うのです。

 

私自身、楽な人間関係に行くとどんどんとそれまで出来ない事ができ、そして越えられない壁って思っていたものが越えられる経験をしました。

 

いらっしゃるクライアントさんも、その方にとって苦しい関係、不快な関係から解放されて行くと適応が上がっていかれます。

そして自然とその方の能力を発揮されるようになっていかれます。

 

今までどう足掻いたって難しい所が、苦しい関係から解放されただけで能力を発揮し自由になっていかれる。

凄いな〜って思います。

 

それだけその関係が、その方の本来の姿を歪めるものだったりするのだな〜って思うのです。

確かに常に苦しい状況におかれていると、頭の中ではその事で一杯になってしまう。

 

そうすると睡眠とか食事、体調に大きく影響するのだと思うのです。

そして自尊心にも及ぶ。

 

自由になってくると楽を選べるようになってくる。

だから自然とストレスを溜めにくくなってくるのです。

 

そうすると能力を発揮しやすくなってくる。

不思議とその方とっての美味しい話が向こうからやってくる。

 

そして「お〜人生って楽しいかも〜♫」の展開が見えてくる。

大変興味深いですね!

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

無意識にゆだねて広がって行く世界

  • 2019.02.28 Thursday
  • 08:01

しばらくお休みを頂き有り難うございました。

また本日から相談室の移転という形で、ご来室頂いておられます皆様にはご不便をお掛け致します(諸事情で1日早い移転とさせて頂きました)。

 

横浜ランドマークタワーに移転してからもまた、皆様方の自由のために全力で頑張っていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

ボストンに毎回訪問するたびに「あ〜ちょっと昔と違って会話が出来ている〜」って思うと嬉しいな〜って思います。

今回も、初めての子供のお使いの様な感じで行ってきました。

 

私の中で昨年の国際トラウマティックストレス学会に参加した時、「あ〜もう少し自分の英語力があったら楽しいのに〜」「う〜!残念!」っていう気持ちがありました。

 

それぞれ配られる抄録(研究についてのまとめ資料)を見ると、どんな研究が行われているかわかるのですが、目の前に世界のトラウマ治療の臨床家の方々がおられる時に、本当に大切な事を伝えられないもどかしさをもの凄く感じました。

 

そして英語の壁っていうものを物凄く痛感したのでした。

だからワシントンDCから帰ってきてから、英語の師匠に「どうしたらいい?」って聞いて見ると「Youtubeを聞くといいよ」って勧められ、そして「ドンドンと海外に出なさい」っていう事を言われていました。

 

昨年秋の学会の後からバンデアコーク先生のYoutubeを聴いていました。

少しずつだけれども英語力がついている事を嬉しく思うのでした。

 

今回のボストン旅行で少し確認ができたな〜って感じであります。

 

何となく私の中で、こうやってトラウマ治療の領域でアメリカの各地を旅して回る事、そしてそのために英語を学んで行く事は、私の無意識さんの感覚とつながっている感じがあります。

 

何となくそんな風に思います。

 

昔、色々な問題を抱えている時、その時に私の無意識さんが教えてくれたアウトカムなのです。

その時は色々な問題を抱えていたから、その先の将来っていうものを重苦しく捉えていた事がありました。

 

だけれどもそんな状態であっても私の無意識の部分(心)は非常に楽な展開を予想していたりしたのでした。

非常に興味深いな〜って思うのです。

 

クライアントさんそれぞれに、様々な無意識さんがおられるな〜って思います。

無意識さんの目で色々な展開を眺めて見ると、様々な絡んだ糸のがほぐれて来て楽な展開が見えてくる様に思います。

 

そして少しずつそれまでの問題が「あれ?」って感じになってくる。

これまでとは違った新しい世界が見えてくる様に思うのです。

 

そんな時思うのは「無意識さんというのは非常に賢いな〜!」って思うのでした。

自由に広がる楽しい世界が見えてくるのだな〜って思うのです。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

催眠スクリプト3

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 06:57

近頃は横浜関内の駅付近を自転車で「シャ〜!」って走っているとしみじみした気持ちになります。

「あと数日でこの街からお引越しか〜」って思うと、色々な思い出が蘇ってきて何とも言えない気持ちになります。

 

相談室を始めた頃、そして色々な想いを抱えて歩いていたな〜ってフト思うのでした。

 

そしてご来室される方々に移転先のご案内をさせて頂く中、「私は幸せモノだな〜」ってフト思いました。

皆様のご愛顧で私自身、臨床家として頑張って行くぞ〜!って気持ちになります。

 

本当に有難うございます!

 

私は時々公園の木々の中を歩くのが好きです。

公園の中には色々な木々が植わっています。

 

その中を歩いていると、心がスッキリします。

公園の中を歩いていると、木々の間からもれる日光の輝き、鳥達のさえずり、朝方のちょっと肌寒い感覚が私の頬に感じられるのでした。

 

そして後ろの方から「タッタッタッタッタッタッ」って朝のジョギングの人達の足音が聞こえてくる。

 

そんな時私は、一本のしなやかな木を森の中で見つけたのでした。

その木の幹は、その木の歴史を刻む様に「スッ」っと立っていました。

 

何年も何年もの間、この土地の様子を眺めその歴史を木肌に刻む、そんな様子が木に感じられたのでした。

 

その木の前に立っていると、風が「ピュ〜」って吹いたのでした。

爽やかな朝の風の中、その木の枝達は風に合わせて「ゆらゆら〜」と揺れ始めたのでした。

 

そして風が「ピタッ」っと止んだら、それまで「ゆらゆら〜」と揺れていた枝は元の静かな状態に戻ったのでした。

風と共にしなやかな枝はゆらゆらと揺られている。

 

しなやかなカーブを描く様に揺れているのでした。

 

時に嵐がやって来る。

そんな時でも、その木の枝は暴風の中を舞う様に踊るのでした。

そして嵐が過ぎ去った後の静かな朝に、いつもの様に枝達は「ゆらゆら〜ゆらゆら〜」と軽やかに揺れている。

 

そして元のポジションに戻っていく。

そんな木の様子をボ〜ッと眺めていると、私は今この時を感じるのでした。

静かな凪の心を感じながら、朝の散歩をしているのでした。

 

なぜか分からないけれど、私はそんな事をフト思うのでした。

私の吸う息と吐く息を感じる時、いつでもここへ帰ってくる私自身を今も感じているのです。

 

さあゆっくりと深呼吸を3回していきます。

そして吸う息に気持ちを向けていくとき、私と共ににまた吸う息と共に爽やかな気配を満たしていけるかもしれません。

 

最後にご自分のに吸う息を感じてください。

そして好きな時に目を開けてください。

 

この場所に帰って来てください。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

”私”は至ってシンプルに出来ていた

  • 2019.02.19 Tuesday
  • 07:11

先日は師匠の面接がありました。

師匠はよく笑われます。

 

「ワッハッハ〜!」って感じで大笑いされてしまいました。

何となく和むよな〜って思ったのでした。

 

私にとって安全基地的な存在であります。

安全基地があるから、色々と冒険ができる。

 

そしてチャレンジして報告する相手がいるから、ちょっと勇気を出して頑張ろう〜!って思える感じがあります。

そうやって少しずつトライして頑張って、少しずつ力をつけてきた感じがあります。

 

回復してくると私自身の経験でもありますし、クライアントさんの回復のご様子を拝見していても感じるのですが、段々と頭の中の雑音がなくなってくるように思うのです。

 

それまでは結構色々と私はありました。

何かするとダメ出しする頭の中の声、とにかく頭の中が色々な不安や怒りや執着によってグルグル状態になってしまっていた。

 

だから私が何を感じているかって言うのは、その雑音だらけによって麻痺してしまっているな〜って思うのです。

当時の私は「それが私が感じている事」って思っていました。

 

しかしそれが感情の酔いであると知ってから「私は自分の感覚がわからなかったのだ・・・」って事が見えてきました。

そして段々と頭の中が静かになってくると、非常に体と心が軽くなって行きます。

 

ちょっと前だったら「この状況だったら私はテンパってしまうだろうな」って言う状況も「シーン」って感じで淡々とこなしている。

 

「あれ〜?」って感じにその時思います。

「このタイミングで私はテンパるはず・・・」って思っても、私は静かに淡々と動いている。

 

そして少しずつ着々と本当に必要なことが進んで行く。

それまで私の感情って思っていたものは、周囲の繋がっている人たちの感覚を拾ってしまって、それを私が感じている事にしてしまっていた。

 

そうすると非常に何だか重力に引っ張られるような重さで持って動く感じになってしまう。

「あれをやりたいのだけれどできない・・・」って感じの状態。

 

案外とそういった周囲の人たちの苦しみの感覚を外してみると、私は至って頭の中がクリアでクールに淡々としている事がわかる。

それまでの「ぜ〜ぜ〜」って感じの状態ではない。

 

「これだったのだな〜!」って思うのです。

回復してくると、私の中が静かにクリアになって行く。

 

そして淡々と私がやりたい事を進められる。

そして着々とステップを歩まれるようんなるのだな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

無意識的な世界を生きる

  • 2019.02.06 Wednesday
  • 07:01

次回の英語のレッスン分だけ勉強が終わって「終わった〜!」って感じであります。

英語の師匠とのレッスンは、英語の勉強だけじゃなくて臨床についての知識も同時に得て行く感じがあります。

 

私にとって当然って思っている事を、英語の師匠はどんどん質問をしてこられる。

質問されてみると「あれ?」って事って結構あったりします。

 

そうすると師匠はすかさずネットで調べ「これね!」って感じで「次まで宿題〜!」って感じで私の臨床家としての知識も増やしてくれる感じがします。

 

世界は広いな〜って良く思います。

 

もうかれこれ3年ぐらいお世話になっています。

少しずつ成長しているかな?って感じであります。

 

横浜関内からお隣の駅の桜木町に引越しのために動いていますが、関内の街をしみじみと思う感じがあります。

横浜関内の界隈は大変、昭和のレトロな雰囲気が漂う街であります。

 

サラリーマンが多く味のある街であります。

この関内にで色々な思い出があるな〜ってしみじみ感じます。

 

それはいらっしゃるクライアントさん達と共に、その思い出が作られ私の中に大切に残っているなと思いました。

初めてこのオフィスで相談室を始めた頃、色々なクライアントさんがご来室された風景、臨床家として頑張っていた自分の姿。

そんな思い出が詰まった街なのだな〜って感じます。

 

相談室を始めた当初の風景と、今私が眺める風景は違っているなって思っています。

時と共に私も少しずつ回復し成長し、見えてくる景色が当初の頃とは違ったものになって来ている様に思います。

 

いらっしゃるクライアントさんは、回復とともに無意識さん状態になっていかれるな〜と実感しています。

ご来室当初は周りの価値観の中で生き、それを標準とした中で自分を裁いてしまっている。

 

そして不安の世界を生きておられる。

 

原家族の中での守られない孤独と不安、その不安や恐怖を抱えながら大人に成長して行く。

そうして行くと、そこから見えてくる世界というのは不安がベースの世界になってしまう様に思うのです。

 

生き方が意識的になってしまう。

ご自分の感覚が感じられず、不安をベースとして生きることになってしまう・・・。

 

「私の家は普通だったはず」って信じてきたけれど、その世界をつまびらかに見て行くと、どれだけ不安を抱えその中で戦ってきたかが見えて来られる。

 

そんな事が見えて、それを認め手放して行くと、その方本来のお姿が見えてくるのだな〜って思うのです。

「まあいいか〜」のゆるくてまったりした世界が広がって行く。

 

淡々と私の人生のためにステップを歩まれる。

そこにはかつてのような重苦しい不安はない。

 

心の凪の世界が広がっている。

「人生って結構楽しいかも〜♪」の世界が広がっているのだな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

心(無意識)の知恵

  • 2019.02.04 Monday
  • 08:03

 

昨日はちょっと時間があったので、久しぶりに庭の整理をしました。

 

色々と良く見てみると、いろいろな変化があって楽しいな〜ってことを思いました。

植木鉢を整理したりしていると、フト「3月はジャガイモかな?」って思ったりしました。

 

「そら豆はいつぐらいになるのかな?」とかって考えていると、頭が軽いぞ〜♪になります。

今年はニンニクを30株も植えたので楽しみですね。

ニンニクは5月が収穫になります。

 

いらっしゃるクライアントさんの回復を拝見していると「あ〜輝いていらっしゃるが故に嫉妬されているな〜」って実感したりします。それだけ自由になって輝いていらっしゃるから「なるほどな」って実感します。

 

そんな時は心の中に広がる世界が幻想に支配される感じになるかもしれません。

「それまでのあの軽やかな感じは?」って言うぐらいに、周囲の人からの嫉妬の影響によって世界が重苦しい感じになってしまう・・・。

 

そんな時、自分やこれから先の将来が信じられなくなってしまう。

 

私自身が幻想に支配される時、よく師匠に相談をしていました。

そうすると「心(無意識)に聞いてみ?」って大体師匠はおっしゃいます。

 

周りの人からの投げるボールによって、世界が重苦しい感覚になってしまう・・・。

なんだかそれまでキラキラしていた世界が、不安に塗り固められてしまう・・・。

 

そんな時、立ち止まって見て心に聞いてみると自分の立ち位置がクリアに見えてきます。

それまで自分の周りが霧で覆われ「どっちの方向に行けばいいか迷ってしまう?」って思っていたのが道が見えてくる。

 

「この状況に対してどう対処すればいいか?」って言うことも見えてくる。

そしてそれに沿って歩いていると「あれ?なんかそれまでの不安な展開がいつの間にか消えている」ってなっていかれます。

 

私は「う〜幻想だ〜」って言う時は「御意!」って感じで心の言う通りに動いている感じがあります。

淡々と心が言うことをこなして行く感じ。

 

ある意味それは、心さんのオーダーをこなすような感じの時もあったりします。

だけれども、不思議とそうしていると周りの世界がキラキラと輝く感じになってくる。

 

「あれ?あの時の苦しみは?」って感じになって行く。

 

非常に心さんは頼もしいパートナーだな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM