”私”の人生を生きる

  • 2018.07.08 Sunday
  • 08:39

今日は横浜はいい天気です。

朝から庭の整理をしました。

 

インゲンに支柱を立ててやったりなど。

小さい頃から、小学校の通知表は勉強は大体は「1」だったのですが、体育と図工だけは「5」をもらっていた私。

 

この部分って昔から変わっていないのだな〜って思います。

物を作るのが好きでプラモデルなどを渡されると、平気で数時間は没頭する子だったな〜って思ったのでした。

 

なんとなくカウンセリングって思うのは、その方の本来の姿が、不要なモノが削り落とされて見えてくるように感じます。

一つの粘土の塊の中に、段々と本来の姿が浮き彫りにされてくる感覚。

 

それまでは、なんだか自分の周囲の人の価値観や意向、そして植え付けられたネガティブな暗示から、その方の姿のボリュームがものすごく大きくて、その状態で動くことが困難のような感じになっているように思います(かつての私がそうだったな〜って振り返って思います)。

 

だけれども「それが私です!」って感じになってしまっている。

そして親との一体化し、その「親の価値観が私の価値観」って感じで、「周囲の期待や希望=私の人生の目的」って図式になってしまっているように思うのです。

 

だから「私がこれがやりたいんです」ってカウンセリングの当初おっしゃっていたことは、カウンセリングのゴールに近づいてくると違っている場合があって大変興味深いなって実感することがあります。

 

意識的な部分と無意識的な部分が乖離していたのだな〜って、大変興味深く思います。

頭で感じている部分はもしかしたら、人の期待や意向に影響されて動かされていた部分っていう感じ。

 

私自身もそうでした。

 

「症状だけ治して欲しい」って当初そう思っていました。

そしてあとは生きかたっていうのは、「周りの期待する自分になれればいい」っていう風に本気で思っていました。

 

周囲の期待に添えない自分を罰していました(今思うと重症だったな〜って思います!)。

 

結局は周囲が私に期待する生き方で、結局私はそれを望んでいるもんではなかったことが見えて来た。

「周りがその方が都合が良いから」っていう部分もあったかもしれません。

 

そのカラクリに絡め取られてがんじがらめになっていたように思いまうs。

だから心の奥から「それって違うよ〜!」って症状が必要だったのだな〜って今は思います。

 

当時は「異物」としてしか感じられなかった。

 

回復してくると、その方の求めていらっしゃるニーズが見えて来ます。

「私はこれがしたい」、「私はこれが楽しいな〜って思うから、そのために今からこれを勉強したい〜♫」など。

 

そのお話を伺うと「あ〜素敵ですね〜♪」って実感します。

 

それまでは周囲のことに全てを引っ張られ、そしてその状態にストレスを感じ怒りを感じ、でも「それ」がやめられない・・・。

「これが私が望んでいること」「これが私の生き方」っていうべく、人の期待や意向に沿って走っていた感じ。

 

だから自分には何も残らないっていうジレンマになってしまう。

 

そこから解放された時、本当に「必要なモノ」が見えて、そして「要らないもの」が見えてくる。

そして身軽になってくる。

 

そして自分が必要なものがセレクトできるようになってくる。

それはその方にぴったり合ったもの。

 

そんな姿を拝見した時、周りの価値観や期待によって動かされていたのだな〜ってことが見えてくる。

 

私のための人生、私が楽しい人生を生きる。

そんな姿は素敵だよな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

”心の境界線”が作られてくると

  • 2018.07.05 Thursday
  • 11:07

今日はなんだか涼しい横浜であります。

ちょっと雨が降っている?って思いつつも、「自転車で行ってしまえ〜!」って感じで、オフィスまでやってきました。

 

自転車はいいですね。

 

近頃ふと、「あ〜なんだかまた楽になったな〜」って思うことがありました。

私は、結構不快なことがあると頭から離れないっていうことがありました。

 

昔に比べて「どよ〜ん」って深く落ち込むことはなくなったのですが、不快なことが起こったとき微妙に引きずることがありました。

「どうしてあの人は?」とかって、不快なことを詳細に分析して頭の中でグルグル考えてしまう。

 

頭は「ズ〜ん」って思ったくて、半分そこでパソコンじゃないですが”フリーズ”している感じになってしまっていた。

先日、微妙に「うっ!」ってことがあったのでした。

 

その後、ふと「人は人だよね〜仕方ないね〜」って思ったのでした。

そして「パパッ!」って埃を振り払うように「楽しいことしよう〜♪」って感じで、電車の中でバンデアコーク先生のテープを聴き始めたのでした。

 

バンデアコーク先生の物凄い早口の英語に耳を傾け「先生は何をおっしゃっているのか? 集中〜!」って電車の中で時間を過ごしていたのでした。

 

それまでどこか「私がこうすれば良かったのではないか?」、「私が何か足りないことがあったのではないか?」なんて、後になって反省会を頭の中で繰り広げていました。

 

しかしふと思ったのは「これは相手の問題で、私には関係ないね!」って思えていたのでした。

 

「相手の問題を背負うことは必要ないかもね〜♪」って思ったのでした。

 

師匠から「人の感覚を敏感に受け取りすぎてしまうよね〜」ってフィードバックを受けて、「そうそう!そうなんですよ私〜」って思いました。そして治療をしていただいた。

 

そこから見えてきた世界は、世の中ってそれぞれがそれぞれのスタンダードで都合よく回っているだけ(根拠なんてないんですよね)で、それを一つ一つ「自分が悪いんじゃないか?」って考えていると、自分が歪められてしまうよな〜って思ったのでした。

 

「私が楽な人と楽しめればいいよね〜」って思って、捨てられて楽になったのでした。

 

そうすると私の周囲の世界は、「心地よい世界が広がっているのだ〜」って思ったのでした。

いろいろなものが調和されて自然と回る感覚。

 

そして自分の周囲にいる方々との大切な繋がりが見えてくる。

その中で「これからが楽しみだな〜♪」っていう凪の感覚を感じられる自分がいるのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみてください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

リソースが花開く時

  • 2018.07.02 Monday
  • 11:51

なんだか夏になって来たな〜!って感じですね。

 

朝から”モロッコ”というインゲンの種を蒔きました。

インゲンは結構簡単に丈夫な感じで、育てやすいです。

 

近頃、ご近所さんから「この植物は何?」ってよく聞かれるのが、ズッキーニであります。

どうもこのジャングル状態のズッキーニは、色々な人の目を引くようです。

 

面白いな〜って思います。

 

面接の中でお話を伺っている、その方の中にキラッと光るものを発見します。

「あ!この方、凄いな」って、時にカウンセラー顔負けだな〜って実感することがあります。

 

「この方の光るモノってこれなんだな〜」って思いながら、お話をお伺いさせて頂く。

懐に「この方の凄さってこの部分なんだよね〜」って感じ。

 

「今後の展開ってちょっと楽しみだよね〜」って、そんなことを密かに思いながらいます。

そうすると目の前にいらっしゃるその方は、その誰にも負けないぐらいの光るモノを武器に自由に動き始めます。

 

「あ〜やっぱり!」ってワクワクし始めます。

 

そんな時、昔、私がボロボロの状態の頃、師匠に話をしたことを思い出します。

 

「私は、能力がない馬鹿な人間なのです」って、そして何とか回復したいって思っているんですと、そして回復について疑問に思ったことを質問し続けていた頃の事。

 

あの頃、いろいろな問題を抱えていた。

周りからすると「この人大丈夫?」「手助けしないとダメな人じゃない?」っていう感覚で見られていたと思います。

 

そう言った風に見られるのが当然って私も思っていました。

私は弱い人間、ダメな人間って信じていました。

 

だから師匠の前に立った時、「あなた違うよね」ってフィードバックされた時私は「あれ?この方って違うボールを投げてくるけど?不思議な人だな?」って思っていました。

 

そして師匠の面接を受けている時も、いろいろな失敗を重ね「私ってダメ」、「私って臨床家の道を歩くんじゃなかった〜!」って劣等感を抱えて走っていました。

 

そんな時、師匠の師匠にも出会いました。

そしたら師匠の師匠もまた「芸能人の○○さんは、天然キャラで頭が悪い印象だけれども、本当は家柄が良い人で〜」っていうスクリプトを私に下さった。

 

私は「あれ?ここにも、私を馬鹿にしない人がいた〜!」ってびっくりしたのでした。

 

そうやって少しずつ「私はダメ」「私は能力がない」っていう部分から解放されて、臨床家として育って来たように思います。

(確かに最初の頃はひどい状況だったと思います)

 

人の成長を拝見させていただくと、その方の光るもの、そんじょそこらの人は真似できないモノをお持ちでいらっしゃることに気がつかれます。それらは師匠や、師匠の師匠から学び取って来たものだな〜って思うのでした。

 

その方の中にある美しいものが花開く、それを拝見するのが楽しみだな〜♫っていうセラピストの私がいるのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

キラキラと輝く世界を生きる

  • 2018.06.30 Saturday
  • 06:42

先日、園芸屋でまた野菜の種を買いました。

「モロッコ」っていうインゲンの仲間で、インゲンの太いバージョンのようです。

 

8月まで種を撒けるので、「おっ!」って思って衝動買いをしました。

モロッコっていう品種を育てるのは初めてなので、ちょっと楽しみです。

 

よくスーパーで売っている、あの太いインゲン・・・かな〜って感じですね。

 

近頃は、「頑張るぞ〜!」って感じで国際トラウマティックストレス学会発表の準備を進めています。

 

一つ一つ積み重ねている感じであります。

その中で過去のトラウマ治療の研究論文などをあたっています。

 

ボストンで臨床をやっておられる先生などがおられて、ビックリしました。

「ボストンって街はトラウマ治療のメッカなのだ〜!」って改めて実感しました。

 

バンデアコーク先生、ジュディスハーマン先生など、世界のトラウマ治療の権威の先生がボストンに集結している〜!

「すごい街だ〜!」って思ったのでした。

 

何となく私は、そう言った臨床家の人たちと触れるにつれて、彼らのトラウマ治療に対する情熱と優しさを感じます。

『The body keeps the score』を読み進めていてもそうですが、先生のトラウマの痛みに対する深い慈しみと優しさを感じます。

 

そしていつになっても情熱を持って臨床に挑み続けるお姿に素敵だな〜って思います。

「私もこうありたいな〜」って思いました。

 

回復されていかれるクライアントさんのお姿を拝見すると、私はワクワクしてくる感じがあります。

「いや〜楽しみですね〜♪」って感じに思います。

 

心は幼子のようなピュアな感覚に戻っていかれる。

あの純粋な、自由な心、その心が自然と蘇ってくる。

 

その部分って実感するのが、その方がその方たるべき、いちばん美しい部分だな〜って思います。

色々な可能性とクリエイティブなものが秘めた美しいもの。

 

そんなものが蘇ってきます。

 

大人になってくると、色々な分厚い「何か?」が覆ってしまうように思います。

色々な制限ができてしまって「仕方ない」「諦める」「こうすべき」って感じの、本来ある美しいものを覆ってしまう「何か」が作られてしまっているように思います。

 

私自身、人生を振り返ると途中で、その覆っているものがものすごく重くなってしまった。

そしてそれを背負って生きることが苦しくなってしまった。

 

親からの価値観、「これが生きる上で大事なもの」という物を信じて生きてきたけれど、それにそって生きても息苦しくて、自分の感情が見えなくなってしまっていた。人生は苦行そのものに思えた。

 

とことんその苦しみに向き合って見たら、その価値観はハリボテであることに気がついたのでした。

親が社会に対して感じていた不安を、子供に押し付けていただけの話だってことに気がついたのでした。

 

そんなもの本来最初から必要なかった。

その鎧が取れてきたときに、もっと自由なものが見えてきたように思います。

 

小さい頃、ドラえもんの世界は自由でいいな〜って思っていました。

夢があっていいな〜って思っていました。

 

そんなワクワク楽しいことって、歳を重ねてもいいよね〜って思うようになりました。

 

いらっしゃるクライアントさんも、段々と自分の鎧を吟味し、整理し、そして捨てていかれます。

 

「これは必要ですか?」

「これは誰からのものですか?」

 

って感じに、段々と身軽になっていかれる。

そして自由な子供の心を取り戻していかれる。

 

色々な可能性が含まれたもの。

その世界はキラキラと輝いているのですよね。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

”御意”で見えて来る世界の面白さ

  • 2018.06.03 Sunday
  • 06:43

横浜はいい天気です。

 

お日様の光で目パチッと覚めました。

爽やかな朝ですね〜♪

 

そとの庭を眺めながらお茶を「ぼ〜っ」としながら飲んでいると、猫ちゃんが朝のパトロールをしていました。

ちょっと小さめの猫ちゃん、可愛かったです。

 

凪な時間はいいですね〜。

 

先日フト思う事がありました。

それは臨床家として、師匠の「御意」じゃないですが、そんな風にして走ってきたな〜って思いました。

 

かけ出しの頃から「優秀な臨床家になりたい〜」って感じで大根役者セラピストの私は走ってきました。

アルコールの病院の院長先生からは「大塚! いいか〜! 患者さんから逃げちゃいけないんだぞ〜!」って指導される。

 

そうすると単細胞な私は、「そうか〜!それが優秀な臨床家の第一歩なんですね!」って思って「御意」って感じにうけとる。

そしてそれが今でも生きている。

 

師匠の臨床指導の時も、ケースで私は「このケースはこんな風に見立てて、こんな風にしたいって思うのですが?」ってお伝えすると、師匠は「こうしたほうがいいかもね」ってシンプルに指導をしてくださる。

 

そして「御意!」って感じで、挑む。

 

そうすると師匠が見えている世界が見えて来る。

あ〜なぜ師匠がそうおっしゃったか、実際にやっていてわかること。

 

要はエレガントなんだな〜ってことです。

ケースの展開で起こるだろう色々な問題を、あらかじめ予測して先手を打ちながら指導をされる。

 

だから自然と起こるであろう障害物を、綺麗にクリアできるしくみになっていた事が後でわかってくる。

それがやってみて見えて来る、景色がある。

 

「ほ〜これが師匠の視点か〜」って思うと、「大変興味深い〜!」って思うのでした。

もし私だったら、おそらく”背負い投げ的”な感じになっていただろうな〜って思うのです。

 

そんな風にして、切磋琢磨しつつ「御意」で臨床家として走ってきたな〜って思ったら、面白くなってきました。

 

自分の意識的な世界を一旦隣においてみる。

そして無意識の世界で見えて来る。

 

そうするとクライアントさんと「ワッハッハ〜!」って笑える展開が見えて来る。

 

「御意」って無意識の道しるべなのだな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

”私”の人生を生きる

  • 2018.05.26 Saturday
  • 07:55

今日も横浜はいい天気です。

昨日は、プランターが残っているから「ピーマンを植えようかな?」って園芸屋でピーマンを買ってきました。

 

毎年、ピーマンはプランターに植えているせいか、「なんだかプランターにピーマンがあると落ち着く」って感じです。

大根も「じ〜」っと観察していると、結構大根らしくなっていてビックリしました。

 

クライアントさんの回復を拝見していると、「いや〜その方らしくなっていていいな〜」って思います。

服装から、髪型、表情からどんどんとその方らしくなっていかれる〜♪

 

そして色々な展開が見えてくる〜♪

 

やはり実感するのが、回復されていくと性格的に自分中心になって来られます。

師匠が「回復すると性格が悪くなるよ〜」っておっしゃっていたように、いい意味でピリ辛にもなってきます。

 

そんな姿に何だか爽快感を感じます。

「いいね〜♪」って感じます。

 

「やっぱりこれだよね〜」って、共に笑える感覚。

 

ではどうして自分中心で生きられないのか?

 

それってやはり思うのは、見捨てられる恐怖が関係しているって思います。

幼少期の、自分にとっての大事な存在から受け入れてもらえないという経験。

 

そうすると子供は、根底にこの恐怖を抱えてしまう。

そしてこの恐怖を持ってバランスを取るために、周囲の人を標準にして生きるようになってしまう。

 

周りの目、価値観によって縛られてしまう・・・。

 

”私”で生きてしまうと、到底生き抜いていけない世界。

 

そんなことがつまびらかに見え、見捨てられる恐怖から解放されると、いい意味でワガママな感じになる〜。

「いい〜んじゃないですか!」ってそのお姿に、「パチパチ拍手〜!」って思うのです。

 

”私”の人生を生きるステップは、キラキラと輝いているのです!

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

何も考えない方がうまく行く不思議

  • 2018.05.24 Thursday
  • 08:44

今日は横浜はいい天気です。

雨上がりの庭を散策してみると、ズッキーニさん達が結構大きくなっていました。

 

「お〜大きくなっている〜」って感じで、朝から楽しくなりました。

何となくズッキーニらしくなってきました。

 

今回は8株も作ってしまいました。

楽しみです。

 

またジャガイモが何だかこぶしぐらいのジャガイモが出来つつあります。

地表に出ていて「オッ!」ってビックリしました。

 

地表に出てしまうと、色が変色してしまうので土をかぶせました。

 

これから夏野菜がちょっとずつ最盛期になりつつあります。

 

クライアントさんの回復を拝見していたり、私自身を振り返ってみると「なるほどな〜」って思う事があります。

それは「何も考えないほうがうまく行く」っていう事です。

 

クライアントさんもそのようにおっしゃいます。

「何も考えない方がうまくいく」

 

私自身も、色々なことを頭でシュミレーションして、その世界の中であたかも自分が生き、そしてその中の登場人物とやり取りをしたりするってことはしょっちゅうありました。

 

これって結構私の中では、大事な事って思っていました。

だって、考えれば考える程、うまく行くって信じていたから。

 

私は自分の中で、「人よりも能力が劣っている」、「何か欠けている」って思っていました。

だから人一倍そういったことをして、そんな自分の欠点を補うべくやっている感じがありました。

今でも若干もしかしたらあるかもしれません。

 

だけれども、頭で考えていることって結構、「どよ〜〜ん」って感じの事ばかり。

そういった最悪の状況を想定して、その中で一喜一憂してそして「お〜疲れた〜」ってなっていました。

 

そして「どうせ自分なんて、自由になれない・・・」って思っていました。

そうやってもしかしたら思考に酔っていたのかもしれません〜!

 

少しずつ考えなくなってきたら、目の前にある事がキラキラ光る感じがわかるようになってきました。

「これ楽しそうだな〜」とか「こんなことを仕事でやったら楽しいかも〜」っていう感覚が見えてきました。

 

肩の力を抜きながら、歩けるようになってきた。

 

そんな世界は、色々な可能性を含んだ世界っていう事が見えてきた。

 

昔、「考えば考える程、状況はうまく行くはず!」って思っていたけれど、アホになって心を空っぽにしていた方が、自然と物事が楽な展開になるのだな〜ってことを、クライアントさんの回復を拝見して実感するのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

心(無意識)の目で周りを眺めていく

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 08:51

今日も横浜はいい天気であります。

昨日から、「ニンニクの収穫、にんにくの収穫〜」って思っていました。

 

朝からニンニクの収穫ができて、「良かった〜♪」でありました。

前にも収穫したのですが、でも感動でした。

「お〜ニンニク作っちゃった〜」って感じであります。

 

次回は、ちょっと地植えで30個ぐら作ってみようと計画中です。

(30個もどうする〜?って感じですが〜)

 

面白かったです!

 

このカウンセリングの領域に入って走ってきましたが、大変興味深いな〜って思ったりします。

それは目に見えない部分を扱うから。

 

”言葉”っていう部分ってありますが、それって”嘘”っていう事を臨床を学び始めて実感します。

前に勤めていた相談室の先生も「患者さんはうそをつく」っていうことをまず最初におっしゃっていました。

 

そして師匠からも、たびたび「話を真に受けるよね」って言われてきました。

 

実際に、カウンセリング場面やその他対人関係でも、非言語的な影響って言葉よりも相当大きいように思います。

 

その一つがダブルバインドです。

 

表向きの言葉(表面)と裏側の部分とで違っている。

それによって相手に対するメッセージの内容が全然違ってくる。

 

案外と嫉妬される場合も、結構これがあるように思います。

言葉では「凄いですね〜」って言いながら、内心の部分では心で相手を嫉妬し攻撃をする。

 

言われた本人は、「あれ?何だか伝わってこないけど?」って思うのだけれど、褒められているから何とも反応しようがない。

だけれども確実に体や心がダメージを受ける感覚が残ってしまっている・・・。

 

そんな時に、無意識さんに聞いてみると、見えない”からくり”が見えてくるのだな〜って思うのです。

 

人の心は目に見えない。

 

だけれども、心の目で見てみると「あ〜な〜んだ〜」って事が見えて来る。

「自分が体調がおかしい」とか、「自分の心が弱い」って帰属してしまうと、「自分のモノ!」になってしまって「うっ!自分調子が悪い〜大丈夫か〜」になってしまう。

 

「人からの嫉妬の影響でなっているよね〜」って事がクリアに見えて来ると、自分主体の行動が取れてくる。

「どうしたら楽になるか?」っていう事が見えて来る。

 

人間関係の距離の取り方をどうしよう?

自分が楽になるポジションを模索しよう〜ってなっていく。

 

私のモノになってしまうと「ウッ!私って不安定な人〜!」になってしまうけれど、心に聞いて「どんなからくりになっている?」って聞いてみると、「な〜んだ、人からの影響じゃしょうがない〜、だったらこうしよう〜♪」になってくる。

 

これって全然違いますよね!

 

人の心は目に見えない。

だけれども、心(無意識)の目で見ていくと自分が楽になるポジションが見えて来るのだな〜♪って思うのでした〜。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

心(無意識)の目で世界を見渡すと

  • 2018.05.20 Sunday
  • 08:19

今日は午前中はラジオの収録に行ってきます。

ジャンボさんがやっていらっしゃる「自分をおうえんするラジオ」の収録です。

 

昨年の夏にお邪魔したきりで、しばらくぶりになります。

昨年出演させていただいて、最初は「お〜緊張する〜」って思っていたのですが、あの何も考えない会話がけっこう楽しくて、「意外に楽しかったな〜♪」って感じでした。

 

また久しぶりに出させていただいて、「今回はどんな風になるかな?」って感じです。

心は「何も考えないで挑みなさい」とおっしゃっておりました〜!

 

「お〜!」って感じです。

 

心に聞くと、「何も考えないで大丈夫〜?」って頭で考えると思ったりしますが、これまた心が見せてくれる世界は、非常にワクワクドキドキの世界だったりします。

 

ご来室されるクライアントさんの心さん達も、「非常に賢い!」って感じです。

正直「はは〜! あっぱれでございます〜!」って感じです。

 

無意識って凄いですね。

本当に何もかも知っている。

 

そしてそれぞれの方々が自由になる方法も良く知っていらっしゃる。

物凄い鋭い洞察力で、カウンセラーの私も顔負けであります。

 

とかく心の面って目にみえない部分があります。

だからこそ厄介な面ってあります。

 

なぜならば見えないから、時に問題を自分に帰属してしまうから。

「このように感じるのは自分がいけないから」とか「足りないから」って思ってしまう・・・。

 

だけれどもそこで起こっているからくりを、心さんに聞きながら心(無意識)の目で見ていくと、世界がガラッと変わって見える。それまでの図が反転してみえてくる。

 

それまで感じていた周囲の人たちの、本当の実像が浮き彫りになってくる。

周囲の影響によって、幻想を見させられていたって事に気が付いてくる。

 

師匠は、頭の中での相手を罵倒したりする感覚は受け手にダメージを与えるとおっしゃっていました。

臨床場面に立っていると、この現象って結構これってあるよなって実感します。

 

何だから知らないけれど、常に付きまとう不快感、相手が気になる感覚。

心に「それって自分のモノですか?」って聞いていると、「違う!」って出てくる。

そして「人からの影響」って答えが出てくる。

 

そんな影響が見えて来ると「な〜んだ」って感じになってこられる。

そして自分の心は空っていう事が見えて来る。

 

「本来の自分の心は執着も不快感もなくて、自由であった〜♪」って事が見えて来る。

 

心(無意識)の目で見ていくと、自分の楽なポジションが見えて来るのだな〜って思うのでした。

大変興味深い世界です〜!

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

ワクワクする未来を作って行く

  • 2018.05.17 Thursday
  • 10:21

今日も自転車でキコキコとオフィスまでやって来ました。

関内駅周辺は、オフィス街でサラリーマンたちの流れをくぐって自転車で「しゃ〜!」って感じで到着〜って感じでした。

 

やっぱり自転車は楽です。

 

私は時々、温泉に行っています。

何となく最初の頃は「癒されるかな?」って程度だったのですが、最近はアルコール依存症の方が「酒が欲しい〜」っていう感じの、「温泉に行きたい〜!」って感じになっています。

 

温泉に行くと、良い感じで頭が空っぽになります。

ちょっと頭を振ってみると、頭の中が「カランコロ〜ン!」って何も入っていない感じになります。

 

「あ〜楽だ〜」って感覚とともに、横浜の風を感じながら自転車を走っているのが、大変心地よい感じがします。

 

回復されていかれる方々のご様子を拝見していると、「先輩!」って気持ちになります。

「これが回復されていかれる方々のお姿なのだな〜」って改めて実感します。

 

一言で言ってしまうと「平安の世界を生きられるようになる」という事です。

 

周りで何が起こっていようと、心の中は平静な状態。

つまり静かなのですよね。

 

その静かな凪の世界の中で、いろいろなクリエイティブな世界が広がって行く。

それは自分がかつて望んでいた事。

 

「こうなったら良いな〜♪」、「こうしたら楽しいかも〜♪」っていうワクワクする世界が広がって行く。

「これが回復されていかれる方の姿なのだな〜」って思うのです。

 

色々な可能性に秘めた未来を作って行く世界。

「これからが楽しみですね〜♪」って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM