”自責感”と”怒り”は表裏一体

  • 2018.03.14 Wednesday
  • 09:40

今日もいい天気ですね。

だいぶ暖かくなって来ると、ちょっと冬の間は縮こまっていたニンニクさんも、ちょっと生き生きした雰囲気であります。

 

「お?何だかちょっと違うぞ?」って感じであります。

 

この仕事をしていると「ほ〜すごいぞ〜!」って感じで、心の中で私ははしゃいでいることがあります。

本当に人の無意識(心)っていうのは、計り知れない知恵があるのだな〜って思います。

 

「いや〜カウンセラーの頭(意識)で考えるよりも、いいな〜」なんて事を正直思ったりします。

 

「無意識は賢い」って耳にしたことがありますが、「まさにその通り〜!」って感じだと思います。

ご自分が「何で苦しくて、これからどうしたいか?」って事も、無意識に聞いてみると「なるほど〜」っていう心の仕組みが見えて来る。「なるほど〜!」って思う。

 

大変興味深いな〜って思います。

 

児童期性的虐待の論文を読んだ時、当事者の症状の一つとして”恥”の感覚や”自責感”があると読んだ事がありました。

それらがPTSDの症状や自傷行為とも関係していると知って、「なるほど」って思ったことがありました。

 

私自身も、この感覚には昔よく苛まれたなって思っていました。

自動的に自分を責める感覚・・・。

 

これは癖だな〜って思っていた事がありました。

 

師匠から「自責感って、怒りの裏返しだよ」と言われて「ほ〜!」って思ったのでした。

自責感というのは自分を責めているから、一見するとそういう風(怒り)には見えない・・・。

 

だけれどもそれはベクトルが内側に向いているだけで内包された怒りが、自分に向かっているというだけなのだな〜って思うのでした。

 

本来は怒りの感覚が眠っている。

ただそれを自分の中で封じ込めているだけ・・・。

 

そこから解放された時、いい感じで本来あるべき姿で自己主張できるようになられる。

 

「私はこう思っています〜!」って感じで、自分を大切にした感覚で自分を伝えられるようになる。

そして大事な自分を守られるようになる〜。

 

そして背筋を「ピッ!」と伸ばした感じで、さっそうと歩かれるようになる。

 

人の心というのは、奥深く大変興味深いな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックしてみて下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM