親との情緒的コミュニケーション

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 09:54

今日はちょっと涼しい横浜であります。

インゲンの双葉が「パカッ!」って開いていました。

 

なんだか力強いよな〜って感じですね。

 

先日英語のレッスンがありました。

学会の準備を含めて色々と英語の師匠に学んでいます。

 

先生はノリノリな感じであります。

「あなたの学会資料を興味のある人がきたら、説明できる様に一緒に練習しましょう〜」っておっしゃって下さり、「お〜先生、意気込んでいらっしゃるな〜」って思いました。「学会の資料はどの程度進んでいるの?」ってまで質問をされる。

 

おそらく私の研究テーマに関心を持ってくださっているのだと思います。

本当に嬉しいことです。

 

英語の師匠は、最初から「ダメでしょう〜」っておっしゃらないのが、すごく私は嬉しく思います。

拙い英語ですが一生懸命に話をしていると、真剣な目で聞いてくださる。

 

そして私が「来年、バンデアコーク先生の研修に参加したいんです。本を読んでいるとますます先生に会いたくなって来ました」ってお伝えしても、アッサリと「それに向けてやって行きましょう〜」っておっしゃる。

 

色々な可能性を否定しない。

そのために尽力してくださるのが嬉しく思います。

 

少しずつ学会に向けて準備をしていることが、なんだかワクワクドキドキするな〜って感じであります。

 

『The body keeps the score』を読んでいて、トラウマとアタッチメントについて読み進めていました。

大変興味深いな〜って思う感じで読み進めています。

 

先生のあくなきトラウマ治療への情熱に、いつも圧倒されている感じです。

 

先生は、赤ちゃんって存在は、自分で自分の感情をコントロールすることができないから、そばにいる母親のチューニングによって、子供は感情を落ち着かせていくすべを学んでいくというのです。

 

母親との関係で、あやしてもらったり、落ち着かせてもらったりなど、そう言ったところから少しずつ、自分の感情を調整して行き、そして周りの世界との関係を構築していくというのです。

 

私は、最初から人って自分の感情をコントロールしたり、調整したりってことができないんだ〜ってことが驚きでした。

 

私自身、小さい頃の自分を振り返ると、父親と喧嘩をした母親の凍りついた能面のような顔を見ながら、幼心に「この先うちの家は大丈夫なのだろうか?」「家が壊れてしまうのではないか?」って不安とパニックの状態になっていた頃を思い出しました。

 

おそらく母親の気持ちの中も、私と同じくパニックな状態だったのだと予測されます。

母親は「心がここにあらず」って感じだった様に思います。

 

母親が子供ではなくて、自分自身に関心が行ってしまっているがゆえに、子供としての私は置いてきぼりを食らった感じでした。

そしてその後の人生で、何かあっても母親に相談をするっていうことは、ほぼなかった様に思います。

 

こうやって一見表向きは「いい子」の感じだけれども、中身は色々な感情を抱えている。

その部分の問題もバンデアコーク先生は、アタッチメントの問題として取り上げておられました。

 

本を読んでいて「あっ! 私だ〜!」って思ったのでした。

 

小さい頃から子供じゃなくて、大人の様に生きる。

私の中では「それでいい」って諦めていたけれど、色々な問題が出ていた様に思います。

 

一つは、私のニーズを感じられないこと。

外の世界で色々なことがあっても、それについて「それは悲しかったね」「苦しかったね」っていうフィードバックがないから、自分にとって「何が苦しいか?」、「何が辛いか?」ってことが見えなくて、とにかく「生きるって苦行だ〜」って思っていました。

 

そこにその感覚のフィードバックがあったら、少し私は小さい頃から「生きる」ってことについて、自分主体の感覚でいられたのかなって思います。

 

回復と共に、自分の感覚が見えて来て、そして親の代わりの様な存在のカウンセラーに色々と話をして来ました。

師匠から「それは辛かったよね〜」、「それはムカつくよね〜」って感じで、一つひとつ感情をチューニングしてもらったことで、「あ〜私ってそのままで良かったんだ〜」ってことを取り戻し今があります。

 

親との情緒的コミュニケーション、目に見えないものだけれども、その部分って「私が私として生きる」上で非常に重要だったのだ〜って気がつかれるのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM