本来の姿

  • 2018.10.06 Saturday
  • 07:16

だいぶ肌寒い感じになってきました。

秋だな〜って感じです。

 

ちょっと英語の師匠から、色々と突っ込まれ「おっ!色々と学会の事前準備をせねば!」って感じであります。

ちょっとバタバタしつつ「頑張るぞ〜!」って感じです。

 

毎回アメリカに行くたびに「少~し英語の力が付いている?」って言うことを実感したりします。

今回はどうなるかな?って感じです。

 

時々、バンデアコーク先生のサイトをのぞいたりしています。

先生も、今回ワシントンDCで開催される国際トラウマティックストレス学会に参加されるようです。

 

ちょっと先生のご著書『The body keeps the score』をカバンに入れて、学会会場で先生探しをしてみようかな〜って思ったりしました。先生を発見したら「先生!サインをお願いします!」って行って、アタックしてみよう〜って思ったりしました。

 

ちょっと楽しみです。

 

また『The body keeps the score』を読み進めていました。

「う〜んなるほどな〜」って感じでしみじみと読み進めていました。

 

私自身も経験があるなっていう風に思いながら読み進めていました。

先生は、多くの子供にとって、怒りなどを表現して養育者との関係を壊すよりも、自分を嫌悪することの方が安全だということおっしゃっていました。

 

結果、虐待を受けた子供は、基本的に自分は愛するに値しないということの方を信じて成長して行く。

そして虐待を受けるのは「自分が悪い」って捉えて適応するようになる。

 

先生はトラウマの感覚を抑圧して行くのは短期的にはいい適応だけど、問題は後からやってくるとおっしゃっていたのでした。

 

「そうそう、そうなんだよ〜」って思いました。

私も、原家族に適応するためにこの方法を使っていたな〜て思いました。

 

どんなに苦しくても、何があっても自分の感覚を麻痺させて「何でもない」って言う風に扱い、そしてそう行った行為をされても「自分はそういった扱いをされる存在」ということで切り抜けていたように思います。

 

本当はそんな存在じゃないないけれど、そう行った風に自分を下げて行くことで、その環境で適応ができていた。

だけれどもこの方法は、バンデアコーク先生がおっしゃるように後につけが回ってきたように思います。

 

その一つは自己肯定感だったな〜って思います。

私が自己肯定感が低かったのは、非常に納得だな〜って思いました。

 

師匠のおっしゃる自己肯定感の部分って、原家族の関係で作られてきたな〜って思ったりしました。

 

低い自己肯定感を抱えて生きていると、人間関係その他でも「こんな私に・・・」っていう前提が常に付きまとう。

そう行った人間関係では、私を利用して搾取する関係になってしまう事が多かったように思います。

 

まさにトラウマの再演だったな〜って思います。

 

そうした時に、底辺を這うように低かった自己肯定感が少しずつ高くなってきた。

そして自己肯定感が高くなってくると、甘んじて理不尽なことを受け入れなくなった。

 

「えっ!」って感じで不快なことがあると反応できる。

 

そしてそうやって行くと、私をリスペクトしてくれる人たちとつながる事ができるようになった。

そして私を利用する人間は、自然と遠ざけるようになってきた(多分不快で一緒にいられない感じになってしまった・・・)。

 

そうして行くと、自分の力を発揮できるようになってきた。

なぜなら、力を奪われなくなったから。

 

本来ある自分の身長に合わせた人間関係や環境が整ってくる。

そこでの関係は、不協和音が生じない楽な世界だな〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM