本来の自分に戻って行く

  • 2018.11.04 Sunday
  • 11:11

今日はちょっと寒い感じですね〜。

今日もキコキコとオフィスまでやってきました。

 

何となく、ふと思う事がありました。

駆け出しの頃、アルコール依存症の病院で勤務している時、私はよく院長先生から「大塚〜!逃げるな〜!」って感じでビシバシやられていました。

 

当時は、ソーシャルワークがメインの仕事だったので、デイケアにいらっしゃっていない患者さんのところに訪問しに行くっていう事もありました。

 

ある日院長先生から、「大塚!○○さんのところに訪問に行くように。そして絶対連れてくるまで病院に帰ってくるなよ!」って言われました。正直内心「そんな〜!院長〜!」って思っていました。

 

だけれども患者さんのお宅に訪問しに行く・・・。

おうちに訪問しに行くと、そこには「絶対に病院には行きたくありません!」っておっしゃる患者さんがいらっしゃった。

 

そのかたを前にして、「いかにこの方を病院にお連れするか?」っていう事が私の仕事だったのでした。

そして院長先生からは、「連れてくるまで帰ってくるな!」と言われている・・・。

 

患者さんに「私はこの病気は治らないって思っている。だから病院にいかない!」っておしゃったのに対して、私はなりふり構わず患者さんを説得し始めたのでした。

 

そして私は思わず自分の過去の話をし始めたのでした。

「私は、昔電車に乗れませんでした。あの頃はダメかもって思っていたけれど、私は今こうやって家の外に出てそして生きています。だから大丈夫です!」って、なりふり構わず話し始めました(訳のわからない説得の仕方です・・・)。

 

院長から強いられた背水の陣で、私は今じゃ笑ってしまいますが、私は昔こんなことをしていたのでした。

(専門家らしくないですね〜)

 

そしたら不思議と、その方は目つきが変わって私の話に耳を傾けるよになってきた。

そして「明日は行きます」とおっしゃって下さった。

 

それを院長先生に報告をし「じゃあ、明日くるように」ということで私はようやく病院に帰ることができたのでした。

それから、その方は毎日治療に通うようになって、その後元気に回復されて行きました。

 

今、思うと院長先生の「逃げるな〜!大塚〜!」っていうのが、よくわかるな〜って思います。

 

私がこうやって今臨床家としているのも、いらっしゃるクライアントさんに鍛えられているからだなって思いました。

皆様の「自由になりたい」っていう強い気持ちがあって、そしてそのパワーに敵うべく私自身が成長させていただいている。

 

そんな風に思いました。

 

本来の姿になっていかれると、その方の輝く美しさを感じます。

他の誰でもない”私を生きる”というのは、こんなに美しいんだな〜って思います。

 

色々な価値観、意見ではなく「私」を大切にして生きる。

ものすごくキラキラと輝く姿を拝見するのが、楽しみだ〜って思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM