本来ある自由になっていく力

  • 2018.11.05 Monday
  • 09:30

今日はとってもいい天気です。

こんな日には自転車で「しゃ〜!」って走っていると気持ちがいいんですよね。

 

関内駅南口の木々の間をしゃ〜!って走り抜けていくのが心地よいです。

 

ワシントンDCは若干横浜よりも温度が低く、日中の気温が18度ぐらいの気温のようです。

ようやく「えんやこりゃ〜!」って感じで仕上がった大事なポスターを持参して、子供のお使いではありませんが行ってこようと思います。

 

私の中でアメリカは、やはりどこか遠い国のような感じがありました。

英語の勉強はしていましたが「どうせ英語を勉強したって〜」っていう感じの状態でした。

 

2年前のある出来事をきっかけ(心に聞いてトライした事)に、それまで「遠くて遠くて〜」って思っていた日本の外の世界が「案外近いかも?」って思えるようになりました。

 

その出来事は、頭で考えると「??!」って思う事だったのですが、心が「ちょっと関わってみるといいよ」っていうので関わってみた事でした。その人の自由なフットワークの軽さに「は〜こういう世界ってあるのだな〜」って思うようになったのでした。

 

あたかも日本の国を行き来するように、世界中を飛び回るフットワーク。

次はシンガポール、次はどこそこって感じ。

 

次は・・・って感じの、そんな話を伺っているうちに、あ〜私が抱えていた「アメリカは遠い」って言うのは幻想だったのだな〜って思うようになったのでした。

 

そして英語の師匠に「ボストンに行きたいです!」ってお伝えしたら、「どんどん行くといいよ」って背中を「バン!」って押されて行くようになったのでした。

 

最初は慣れ親しんだボストンから行き始め、昨年はシカゴに行きました。

そして今年はワシントンDC。

 

今年はどんな感じになるか楽しみであります。

 

なんとなくこの仕事をしていて思うのは、自由になっていかれる力ってクライアントさんに備わっていると実感する事があります。

 

それぞれがそれぞれの、ご自分が自由になっていかれるためのツールというと語弊がありますが、そんなツールを携えて楽に歩かれて行っていらっしゃるように思うのです。

 

そんな時に、カウンセラーとしての仕事って塩梅が大事なのだな〜って思いました。

何もかもカウンセリングだ〜!って感じでやってしまうと、本来あるクライアントさんの美しい部分を私が台無しにしてしまうって思うからです。

 

師匠のスルースキルの本にあったのを思い出します。

 

クライアントさんそれぞれが、それぞれのお持ちでいらっしゃるご自分を守っている無意識の力っていうものがあるのだなって思うのです。

 

とかく熱血な私は「頑張るぞ〜!」って感じでついつい・・・ってこともありますが、でもそれぞれが自由になるお力ってあるのだな〜て思うのでした。

 

それぞれがそれぞれの本来ある自由になられる力。

そんなキラキラと輝くものを、近頃「お〜すごい!」って実感するのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見てください。

http://shizuko-o.com

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM