どんな時も一緒にいてくれた心

  • 2019.01.10 Thursday
  • 07:01

「冬の到来だ〜!」って感じであります。

昨日は、大学勤務のためえんやこりゃ〜って感じで行ってきました。

 

やはり思うのは、横浜はとっても暖かいって事です。

 

久しぶりに授業をしてきました。

授業をしていると「私自身も勉強だな〜」って感じで一緒に学ぶ感じがあります。

大学に勤務したての頃を思い出して「あ〜あの時の自分が懐かしいな〜」って思っていました。

 

英語のレッスンがあって、英語の師匠と一緒にジュディスハーマン先生の論文について話し合っていました。

英語の師匠とのレッスンがあると、内容がより深く理解できる感じがあって大変助かっています。

 

ジュディスハーマン先生は、解離について述べておられました。

長期的なトラウマ状態に晒されると人は、トランス状態になることでその状態に適応するとありました。

そのトランス状態(解離状態)が続く事で、人は未来を失ない、そして過去を失ってしまうと言うのです。

そしてそれは長期的なトラウマ状態から解放された後も継続すると言うのです。

 

「未来と過去を失う」っていう部分に「そうなんだな〜」って思いました。

私自身も、高校時代かなりひどい解離状態がありました。

 

常にぼんやりとした頭で(そんな頭の状態をあえて作っていました)意識が朦朧としていました。

そして目の前の勉強の事や、これからの将来の事、これからどんな風に生きたいか?って事は、そのベールの奥に隠れてしまっていました。

 

常に常に私は解離状態を逆に欲していた感じがあります。

視点をぼんやりさせ、頭を「ボ〜ッ」とさせる。

 

そうすると周囲で起こっている苦しい事、惨めさ等が「別に大したことがない事」の様に扱える気がした。

痛みも何も感じない世界が作り上げられる。

 

そんな解離の世界を当時生きていましました。

 

英語の師匠は「人はそんな凄い事ができるんだね〜」っておっしゃっていました。

内心私は「昔良くやっていました」って思わず言いそうになりましたが、「これは黙っておいたほうがいいかな」って思って黙っていました。

 

そうやってうまく私は苦痛を麻痺させていた様に思います。

一見すると「普通の人」の様に見える。

 

しかし周囲の環境では虐待状況は続く。

それを麻痺させるために解離を用いていた。

 

チグハグな事が展開していた様に思います。

そんな事を思いました。

 

そんな時に同じ部活の子がいました。

その子は将来美術関係の仕事をしたいから、専門学校に行きたいって目を輝かせながら話をしていました。

 

私は、心からやりたい仕事をする為に自分の将来について考えられるって素敵だな〜って眺めていました。

私の心は、灰色のベールがかかったままな感じでした。

 

「私が私である事」を剥奪されると、人は生きた廃人状態に陥るのだなって思うのです。

しかしそんな状態でも不思議とそのぼんやりした私の頭の中では、将来心にまつわるお仕事をする様になるって意識がちらっと浮かんでいた事がありました。

 

そして高校以後の展開では、私は家から逃げ出すためのステップを踏むべく進学の選択をしていたことを今に思うのです。

あの選択は無意識に私が当然のごとく選んでいたけれど、あれがあったから今があるって振り返ると思うのです。

 

今思うと、あの様な廃人状態の私の心には、誰も手の届かない私の大切な部分が生きていたのだなって思うのです。

 

当時それが、私の無意識(心)だって事はわかりませんでした。

だけど私が自分を守るべくして動いていた力があったのだなって思うのです。

 

あの頃は、世界が灰色に見えてそして未来も過去もなかった私。

だけど、その心の奥には私が私を取り戻すための力が潜んでいた。

 

自分を取り戻すための力(無意識)があったのだな〜って思うのでした。

それがトラウマ治療と共に大きくなってきた様に思います。

 

そして時々私はその心さん(無意識)と会話をしています。

どんな時も一緒にいてくれた私の心。

 

そんな事をふと思うのでした。

 

☆興味のある方はカウンセリングルームグロースのHPをチェックして見て下さい。

http://shizuko-o.comさと

 

☆ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 


アダルトチルドレン ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

hana

日本ブログ村 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM