プロフィール
大塚 静子
profilephoto

【カウンセリングルーム・グロース】
幼少期からの家族を背景とするトラウマを抱えた方々(アダルトチルドレン)を対象にトラウマ治療をご提案致しております。トラウマ治療には安全かつ短期間に効果を期待出来る、FAP療法も取り入れております。このFAP療法を用いることで、一般のカウンセリングよりも早く問題からの回復を目指す事が出来ます。本来持っている「美しい姿」を取り戻し、人生が自由に楽しくなるためのカウンセリングをご提案致しております。

カウンセリングをご希望の際、下記にご連絡下さいませ。

●住所: 横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー20階
●最寄駅
・JR 桜木町駅・東口 (徒歩5分)
・横浜市営地下鉄 桜木町駅・北1出口 (徒歩5分)
・みなとみらい線 みなとみらい駅・ランドマークタワー・クイーンズスクエア方面出口(徒歩3分)
●開室時間:10時〜19時
●カウンセリング料金:50分 7,700円(税込)
●お申し込み:メール(growth@bf6.so-net.ne.jp)
●HP : http://shizuko-o.com

【所属・経歴】
臨床心理士
日本臨床心理士学会、日本嗜癖行動学会、日本ブリーフサイコセラピー学会、日本トラウマティック・ストレス学会、国際トラウマティックストレス学会(International Society for Traumatic Stress Studies)所属

2005年9月 アライアント国際大学/カリフォルニア臨床心理大学院修士課程
2005年7月 アルコール依存症専門病院、周愛利田クリニックにて依存症治療に携わる。
2009年7月 IFF・CIAP相談室に勤務し家族臨床、トラウマ治療を学ぶ。
講座:ジェノグラムで理解する“家族と私“講師を務める。
2014年7月 横浜関内にてカウンセリングルーム・グロース設立。
2015年4月 浦和大学 総合福祉学部非常勤講師「心理療法」,「精神保健学」担当

【論文】
1 ) 大塚 静子: 児童期性的虐待に対する効果的治療提案について.ファミリー・チャイルド・セラピー,3 ;54-67,2009.
2 ) 大塚 静子: 母娘葛藤を抱える鎮痛剤依存のあるクライアントに対し依存症アプローチを用いて介入した事例について.アディクションと家族,28(1):55-60,2011.
3 ) 大塚 静子, 斎藤 学 : 母娘葛藤を抱える特定不能の摂食障害を呈する女性の回復についての考察:セラピストの視点の変化を契機に改善が見られた事例.アディクションと家族,29(2),2013

【学会発表】
1 ) 大塚 静子:児童期性的虐待に対する効果的治療提案について. 第3回ファミリー・チャイルド・セラピー学会, 東京. 2008
2 ) 大塚 静子:母娘葛藤を抱える鎮静剤依存のあるクライアントに対し依存症アプローチを用いて介入した事例について. 第21回日本嗜癖行動学会,岡山.2010
3 ) 大塚 静子, 斎藤 学:母娘葛藤を抱える特定不能の摂食障害を呈する女性の回復についての考察:セラピストの視点の変化を契機に改善が見られた事例.第22回日本嗜癖行動学会,大分.2011
4 ) 大塚 静子:母娘葛藤を抱える神経性無食欲症を呈する女性に対しナラティブセラピーを用いて介入した事例について.第21回ブリーフサイコセラピー学会,秋田.2011
5 ) 大塚 静子, 斎藤 学:「今―ここ」の関係を取り扱った事を契機に、物質依存が改善した事例. 第23回日本嗜癖行動学会,秋田.2012
6 ) 大塚 静子、斎藤 学:“怒り”により不定愁訴を呈したCLに対しナラティブセラピーを用いて介入した事例.第23回ブリーフサイコセラピー学会,東京.2013
7 ) 大塚 静子、斎藤 学:親の「愛」を諦めた事を契機に回復の道を歩み始めた事例.第24回日本嗜癖行動学会,群馬.2013
8 ) 大塚 静子:疎外感を抱くCLが家を巣立つまで ナラティブ・セラピーを用いた事例.第24回ブリーフサイコセラピー学会,熊本.2014
9 ) 大塚 静子:社会不安障害を抱えるCLに対しFAP療法を用い状態が改善した事例.第25回ブリーフサイコセラピー学会,札幌.2015
10 ) 大塚 静子, 大嶋 信頼, トラウマ治療の有効性について: FAP療法を用いてトラウマ治療を行った研究 , 第34回国際トラウマティックストレス学会,ワシントンDC ,2018
(Shizuko Ohtsuka, Nobuyori Ohshima : Efficacy of trauma therapy Clinical study on FAP therapy for psychological trauma, International Society for Traumatic Stress Studies 34th Annual Meeting, Washington,DC,2018)
11 ) 大塚 静子, 大嶋 信頼, 複合性PTSDに対するFAP療法の有効性について,第35回国際トラウマティックストレス学会, ボストン,2019
(Shizuko Ohsuka, Nobuyori Ohshima: On the Effectiveness of FAP Therapy in Complex PTSD,International Society for Traumatic Stress Studies 35th Annual Meeting, Boston,2019)

【講演】
1 ) 2011年4月: ボランティア向け メンタルケアセミナー被災者支援の際に知っておきたいメンタルケアの基礎知識 講師
2 ) 2011年5月: ボランティア向け メンタルケアセミナー被災者支援の際に知っておきたいメンタルケアの基礎知識 講師
3 ) 2011年6月, 東京都主催「被災者支援のメンタルケアセミナー」講師
4 ) 2011年7月, 慶応義塾大学主催,「夏休み南三陸プロジェクト“被災者支援の際に知っておきたい基礎知識”」講師  
5 ) 2012年9月〜11月,山形県酒田市 庄内地域若者サポートステーション主催,「 引きこもりの親対象“家族と私”ジェノグラム・シェアリング」:4連続講座

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

カウンセリングルーム・グロース

幼少期からの家族を背景とするトラウマを抱えた方々(アダルトチルドレン)を対象にトラウマ治療をご提案致しております。トラウマ治療には安全かつ短期間に効果を期待出来る、FAP療法も取り入れております。このFAP療法を用いることで、一般のカウンセリングよりも早く問題からの回復を目指す事が出来ます。本来持っている「美しい姿」を取り戻し、人生が自由に楽しくなるためのカウンセリングをご提案致しております。

相談室ご案内

●住所: 横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー20階        ●最寄駅 ・JR 桜木町駅  横浜市営地下鉄 桜木町駅  みなとみらい線 みなとみらい駅          ●開室時間:10時〜19時             ●お申し込み:メール growth@bf6.so-net.ne.jp ●HP http://shizuko-o.com

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM